飲食店、食品を扱う小規模事業者さまは注目!!

飲食店、又は食品の製造、加工、調理、販売、保管、運搬などの食品を扱う小規模事業者さまには、ホットな話題があります。

その話題とは「HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化」です。

2018年6月13日に食品衛生法が改正され、飲食店、又は食品の製造、加工、調理、販売、保管、運搬など、食品を扱う小規模事業者さまに「HACCP(ハサップ)の考え方を取り入れた食品衛生管理」が義務付けられることになりました。2018年6月13日から2年以内に、この法律は施行されます。

HACCPとは、原材料の受入れから最終工程までの各工程ごとに、微生物、化学物質、金属の混入などの潜在的な危害要因を分析・特定した上で、危害の発生防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理システムのことです。その起源は、NASAのアポロ計画にあります。

そのHACCPの簡易版を、飲食店さまや小規模食品事業者さまに義務付けたのが、今回の法改正です。

ひらたく言うと、小規模の食品事業者(飲食店を含みます)が、自ら、食中毒や食品への異物混入などを防ぐための施策を決め、その施策を実行し、実行の結果を記録する、ということです。

法律は難しいことを言っているのではなく、どなたにでもできることなのですが、急に言われると難しく感じるかもしれません。したがいまして、この法律が施行されて慌てることのないように、今から情報収集を始めてください。

HACCP対応していないと、以下のようなことになると言われています。

  • いずれ保健所職員が回ってきて指導される。
  • 食品衛生許可は新規・更新とも下りなくなる。
  • 食中毒を起こしたとき、従来は数日の営業停止でしたが、今後は再開できなくなる。

繰り返しますが、今から情報収集を始めてください。厚生労働省のホームページや公益社団法人日本食品衛生協会のホームページが参考になります。

弊事務所では、この法律改正に関して説明会を実施します。飲食店仲間、食品関係の同業者組合などで呼んでいただければ、無償で15分か30分程度の説明会を承ります。また、飲食店の店舗を扱っている不動産業者さま向けにも説明会を承ります(飲食店開業のお客さま向けのサービスにつながります)。