東京ドイツ村チャイナランタンフェスティバル2018に行ってきました

イルミネーションを見にドイツ村に誘われたらチャイナランタンも見ることになった

ドイツ村の入り口で駐車場代2500円を支払えば、日本3大イルミネーションとして有名なイルミネーションが見られるのですが、チャイナランタンフェスティバルを見るためにはさらに一人2000円の入場料が必要です。

「たかがランタンを見るのにそんなお金を払うなんて…」、と心の中ではかなり躊躇しましたが、家族は行く気満々なので仕方なく入場しました。

園内はまだ日が沈み切ってなく、かつてはゴルフ場だっという起伏のある芝生地の池を囲んで、ねぶた祭の提灯の中国バージョンのようなものが造られているだけ。

「失敗だったかな?」とこれも心の中でつぶやきながら写真を撮っているうちに、徐々に夕闇が迫り、「月がいい位置にあるなあ」と月を入れた写真など撮影していました。

暗くなるにしたがって、ショボかったランタンが生き生きと輝きだしました

池の面にランタンが映ってそれは綺麗

入り口から池を隔てた正面に万里の長城を模したランタンがあって、そこが会場の端だと思っていたら、その裏側にもまだランタンが飾られていました。

会場の一方の端は小高い丘になっているのですがそこにも歩道が作られていて、全景が見渡せるようになっていました。
手前に木が生えているので暗く映ってしまいます。
こういう写真で遠景を撮るのは難しい。

池に映るランタンが、どの場所から見ても絵になって、歩いては立ち止まって写真を撮り、また歩いては…の繰り返しで気が付けば1時間半も経っていました。

会場内では一日に2回、中国雑技団の公演もあります。5時半からの公演が始まったのは分かったのですが、会場の端の方に居たので間に合わずに、後半の方を少し見られただけでした。でも面白かった。
会場は入り口から見渡した感じよりも実際にはかなり広いんです。

一番煌びやかだと思ったランタン

夕方の写真も結構いいかも

この後、イルミネーションを見たのですが、なんかやたらと平面的だなあと感じました。先に綺麗なものを見たせいで感激も少なく・・・。

これから行ってみる人へ

再入場についての注意

チャイナランタンフェスティバルの会場はゲートをくぐって入ります。この時係員に入場券を渡してしまいます。しかし会場から出るときに手の甲に再入場のためのスタンプを押してもらえば、また入場できます。

が、入場の際にその説明はなく、その旨を書いた看板等もありませんでした。(私たちは一度出たら入れないものと思って行動していました。)
外に出る時にたまたまスタンプの存在に気が付いて(スタンプが紐でぶら下げらていた)係の人を呼んで押してもらいました。

会場にはほか出口専用のゲートが2か所ありましたが、再入場用のスタンプは用意されていないようでした。

私たちが行ったのは12月18日でしたが、この後改善されていればと思います。

入場料金について

私たちは駐車場代2500円の他に一人2000円の入場料を払いましたが、来年1月3日からは、駐車場代金2500円を払えばチャイナランタンフェスティバルの会場にも入れるそうです。

おせっかいなひとこと

ランタンフェスティバルは4月まで開催されていますが、「あまり月日が経つと汚れが目立つかもしれない、早めに見ておいてよかった」と、これは家族の発言。

チャイナランタンフェスティバルとは

何の知識もなく、イルミネーションのおまけ程度に考えていたチャイナランタンフェスティバルに感激したので、帰宅後に改めて調べてみたら。

「チャイナランタンフェスティバル」とは、中国の唐の時代より続く伝統行事で、年に一度、春節の期間に開催される、にぎやかに春の夜を彩るお祭りである。

世界最大のランタンメーカー「自貢灯彩集団」による「チャイナランタンフェスティバル」は、イギリス、フランス、ドイツをはじめとする世界15か国、30都市で開催され、また、中国国内でも300都市で開催されるなど、各地で人気を博してきた。その伝統ある、「チャイナランタンフェスティバル」が、遂に日本で初開催される。

今回のチャイナランタン制作には、約5か月間を要し、延べ20,000人の職人によって全て手作りで作られ、2018年10月19日(金) 〜 12月6日(木)までの期間は、四川省自貢市からおよそ60人の職人が来日し、東京ドイツ村で設置作業が行われる。

出典 https://haveagood.holiday

なるほど。納得。

春節とは

春節から15日目の「元宵節」は上元節・灯籠節とも呼ばれ、旧暦新年最初の満月の日にあたります。
この日は街中に提灯や灯籠を灯して、元宵団子と呼ばれる餡入りの団子を食べるのが昔ながらの風習となっています。

各地では元宵節を祝う提灯祭りや獅子舞などのイベントも行われ、15日間にわたる春節期間の行事はこの日をもって終了します。

出典 https://tenki.jp/

ところでチャイナランタンは中国提灯ともいうそうです。
昔、春節の時期にマレーシアの中華街に行ったことがありますが、街中いたるところに赤い提灯がつるされていました。これはその発展形?
赤い提灯はドイツ村の会場にもありました。ちょっと懐かしかったです。