カテゴリー別アーカイブ: その他(県外)

向島百花園|植物好きにお勧めの都立庭園

向島百花園は、都内に九つある都立庭園のうちの一つです。
庭園といっても刈り込んだ植木や庭石からできている日本庭園とは趣がちがって、名前のごとく植物園のようなものです。

豊かに茂った樹木の間を小径が通り、日本や中国の古典に詠まれている草花が植えられています。
また、随所に29の句碑や石柱が建てられています。

私が行った時期はキキョウとアジサイくらいしか咲いていなかったのですが、パンフレットによれば、1月のスイセンから始まってフクジュソウ、梅、キブシ、ミツマタ、カタクリ、桜、イカリソウ、ヒトリシズカ、アヤメ、藤、エビネ、コンニャクなどが春の花として見られ、梅雨の時期から晩秋にかけては、秋の七草をはじめとする多くの野の花が見られるそうです。

園内はそれほど広くないのですが、ベンチがたくさん置かれているので木や花を眺めながらゆったりと過ごせます。

藤棚と思ってよく見たら、アケビの棚。

このほか、クズ(河川敷に蔓延るごくありふれた雑草)が棚に仕立てられていたのが珍しかったです。花の時期に来てみたい。

木の向こうにスカイツリーや近所の建物が見えます。都会のオアシスです。
この日は暑かったのですが、園内は木が多いせいであまり暑さを感じませんでした。

【由来】
江戸時代に佐原鞠塢という骨董商が、花の咲く草木鑑賞を中心とした花園として開園したのが始まりだそうです。
その後は洪水や関東大震災などで荒れ果てていた時期もありましたが、昭和13年に東京都に寄付され、翌14年から公開されました。
昭和53年には国の名勝及び史跡に指定を受けました。

【住所】
東京都墨田区東向島3-18-3

【最寄り駅】
東武伊勢崎線「東向島」下車 徒歩8分
京成押上線「京成曳舟」下車 徒歩13分
都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分

明治通りから横道へ入っていくのですが、明治通りに何か所か案内板があるので迷うことはないと思います。

【開園時間その他】
開園時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
休園日 12月29日~1月3日
入園料 150円 (65歳以上 70円)
    年間パスポート 600円 (65歳以上 280円)
    都民の日(10月1日)は無料公開日
園内に売店とお手洗いがあります。

【大朝顔展】
7月29日(日)~8月5日(日) 8時~12時
地元の「墨田朝顔愛好会」の方々が丹精込めて育てた直径20センチの大輪朝顔が500鉢展示されるそうです。
午後には萎んだ花は摘み取られてしまうので早めに来て下さいとのこと。
期間中は普段より1時間早く開園するそうです。

鎌倉アルプス・獅子舞の谷から天園ハイキングコース

林の中を、せせらぎの音を聞いたり、鳥のさえずりに耳を傾けたりしながら、自分のペースでゆったり歩く。楽しいですよね。

山がちな日本では、森林は山地にあるもの。ですが、私は自然を楽しみたいだけなのです。坂道は登りたくないのです。
そんな自分におあつらえ向きのハイキングコースがありました。

鎌倉アルプス。
鎌倉市街を取り囲む丘陵の最も高い部分、建長寺から瑞泉寺にかけての尾根道を行くハイキングコースです。別名天園ハイキングコース。

コースタイムは約2時間から3時間。ガイドブックによってコースが多少異なっているのですが、長くても3時間台だと思います。
有難いのは、標高が最も高いところでも約159メートルということ。坂道をゼイゼイしながら歩かなくても、豊かな自然を満喫できます。

装備もガチでなくても大丈夫。ただ、不安定な岩場を何度も通過するので、捻挫グセのある人はハイカットのトレッキングシューズをはいたほうがいいかもしれません。
この間行った朝比奈切通しと違い、道標も整備されていました。

ガイドブックなどを見ると、丘陵を西から東に向かうのが一般的なようですが、今回は獅子舞の谷を登って尾根に合流し、東から西へ向かって歩いてきました。

このコースの中では、獅子舞の谷が一番気に入りました。歩き始めは、二階川に沿って谷あいの道を行く、沢登りのような小道。周りを鬱蒼とした木々に囲まれた谷筋の道です。

やがて開けた場所に出ます。散り積もった落ち葉と青々とした笹の葉、すっかり落葉した木々のコントラスト。冬枯れの景色が好きな人にはきっと気に入ってもらえる風景です。

二階川の源流を見ることもできます。

このまま登ると鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)に合流します。
バラエティに富んだ道で楽しいです。
ロープを伝う場所もあります。(高さは2メーターもなさそうでしたが)

獅子舞の谷は、紅葉の時期は混み合うらしいのですが、私の行った時期は人も少なくて静かな山歩きを楽しめました。

行き方
ネットなどでは、JR鎌倉駅よりバス大塔宮行 「大塔宮」下車とありますが、鎌倉駅から徒歩で行けます。バス通りに沿って歩いて「大宮塔」まで来たら、瑞泉寺方面へ歩いて行きます(注:あくまで方面です。瑞泉寺に着いてしまったら行きすぎです)。永福寺跡(公園になっています)の先を曲がって住宅地へ入ると、変電施設がありその先から沢筋の道が始まります。
といっても、入り口までは実はとてもわかり難いので、スマホの地図アプリの活用をお勧めします。電波は届きます。
入り口までたどり着けば後は一本道なので迷うことはないと思います。

入り口付近の景色

ドラム缶の種類&発祥の地(江東区亀戸)

江東区亀戸1丁目、国道14号松代橋交差点の近く、日鐵NDタワー脇の公園にこの様なものが建っています。

P3180791248249

2001年宇宙の旅に出てくるモノリスのようなこれは、ドラム缶発祥の地の記念碑です。

「日本ドラム缶製作所」という会社が日本で初めてドラム缶の商業生産を始め、昭和7年から昭和48年まで、ここに工場があったそうです。(この会社は現在「日鉄住金ドラム株式会社」という社名で存続しています。)

ところで、ドラム缶に種類があるって知っていましたか?

標準のドラム缶として「普通缶」というものがあります。非腐食性の内容物の容器として使用されます。

「内装缶」は「普通缶」の内側に合成樹脂塗料を塗装焼き付けしたものです。耐薬品性が向上し、酸、アルカリ性の内容物の容器として使用されます。

「普通缶」や「内装缶」では不適当な内容物(酢酸、農薬など)の容器として用いられるのが「複合缶」。ドラム缶の中に耐薬品性のポリエチレン容器が納められています。

同じように農薬や酢酸などに使用されるもので「プラスチックドラム」というものもあって、高分子、高密度ポリエチレンで出来たドラム缶です。(缶というイメージではないですね。)

この他に亜鉛メッキ鋼板で出来た「亜鉛缶」やステンレス鋼板で出来た「ステンレス缶」など、用途によって使い分けられるようになっています。

ドラム缶は廃棄物の保管や運搬にも使われます。その場合も廃棄物の種類にあったドラム缶を選ぶことが大切です。

幣事務所には、公益財団法人・日本産業廃棄物処理振興センターによる講習を受けた行政書士が在籍しております。
産業廃棄物収集運搬業の許可申請をお考えの方はお気軽にご連絡ください。産業廃棄物収集運搬業の許可なら、たかはし行政書士事務所