カテゴリー別アーカイブ: アウトドア

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか・自宅の庭で焚き火ができるのか・調べてみました

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか

地元の河川を管理している公官庁のサイトを調べました。

【江戸川河川事務所のホームページから抜粋】

河川敷の利用を希望される方へ

河川は公共のものですから、「自由使用」と言って、原則として誰もが自由に利用することができます(例:散歩など)。

河川を管理する法律に「河川法」があります。河川法により河川を管理する上で支障が生じる恐れがある行為については制限されています。
例 河川に工作物を設置すること(河川法第26条)

河川法以外の他の法律で利用が制限される行為もあります。
例えば、魚釣りや猟銃の使用があげられます。

河川管理者が河川法に基づき、河川敷の利用・整備を特定の者に許可している場所があります。この許可を「占用許可」といい、占用許可された敷地を「占用地」といいます。

占用許可は、一般的には都県や区市町といった自治体を対象としており、これにより、河川敷の公園や運動場、自転車歩行者専用道路、橋梁などが整備されています。このような占用地では、自治体など占用許可を受けた者が施設管理を行い、またこれら施設の利用は、施設管理者が定める規則に従って利用することになります。

以上のような制限にあたらない行為は、基本的に河川を自由に利用できます。

しかし、河川にはいろいろな方がいろいろな利用目的を持って訪れます。河川利用にあたっては、他の河川利用者や近隣住民に十分配慮し、お互い譲り合って利用して下さい。他者への配慮・譲り合いは自由使用に欠かせません。

※以下の行為は危険・迷惑行為ですので止めて下さい。

・河川敷でのゴルフ練習(飛球に対する危険など)
・高速走行で通過する自転車(衝突に対する危険など)
・水上バイクによる暴走(近隣住民への騒音、波の発生による釣り人への危険など)
・ラジコン飛行機やドローン(飛行禁止区域)
・モーターパラグライダー(近隣住民への騒音、墜落の危険など)
・バイク走行(衝突に対する危険など。自転車歩行者専用道路等、そもそもバイクの進 入自体が禁止されている通路がほとんどです。)
・直火によるバーベキュー(火災の危険など)
・犬の放し飼い(なお、犬の放し飼いは条例で禁止されています)
・遅い時間の花火(近隣住民への騒音など)など

多人数で河川の利用を行おうとするときは事前に担当出張所にご相談ください。

以上です。

つまり、自治体が占有していない河川敷で、直火以外の方法でなら火を使ってよいのですね。

バーベキューグリルや脚のついた焚き火台を使いましょう。

灰が落ちても大丈夫なように金属のトレーも準備するといいですね。

さらに自治体の占有地(多くの場合公園になっている)でもその自治体が火を使うことを許可している場合もあります。

市川市内には、バーベキューなどができる公園がありますが(直火は禁止)、その中でもさらに、火を使うためにあらかじめ市に届け出が必要な公園と、届け出不要の公園と2種類ありました。

前回の投稿(ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯)でシエラストーブを使った場所は、届け出不要の場所でした。

なぜはっきりした場所を書かないのかというと、市のホームページに、「キャンプ場等の紹介をしている業者の方は、この緑地をキャンプ場やバーベキュー施設として紹介しないでください。」とありまして、このブログあくまで個人のブログですが、あまりおおっぴらに宣伝してはいけないような気がしてしまって…。

自宅の庭で焚き火はできるのか

野焼きが禁止されているので、自宅の庭などで焚き火をしてはいけないと説明しているサイトを見つけました。

そもそも野焼きの定義って何だろうと思い環境省のサイトを見てみると

雑草、稲わら、もみ殻などを燃やしたり
家庭ごみを燃やしたり
害虫駆除のために山焼きをしたり
産業廃棄物を燃やしたり
(これは明らかに違法!)

することでした。

ここだけ見ると焚き火はできなそうな感じですね。ところが、

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条のニ第三項と廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第14条五項によると個人による廃棄物の焼却は禁止されているものの

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの

焼却禁止の例外とされています。

焚き火、してもいいんですね。(と、ちょっとビックリ。)

ところで、野焼きは防火の観点から禁止されていたのかと思いきや、根拠法令は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」なので、大気汚染の防止が目的なのです。
焚き火するときは、着火剤にガムテープとか使わないように気をつけないと。

でも、住宅地で焚き火して、火事とカン違いされて消防車が出動しちゃった事例を知っているので、怖くて私はできません。

まとめ

・河川敷では、直火(地面で直接火を焚く)以外の方法なら焚き火をして良い。

・河川敷が自治体などの占有地になっているときは、占有者の指示に従うこと。

・自宅の庭では、軽微な焚き火はして良いが、有害物質を燃やさないようにすること。

・煙や臭いで近所に迷惑をかけないように気を付ける。

追記

この記事を書いた後に、こんな本を見つけました。

”登山者のための”法律入門なので河川でのBBQとかキャンプ寄りの話題は乗っていませんが、登山歴40年の弁護士が書いており、大変興味深い話題が満載でした。
日本では登山に関する法律は未整備で、山中でのテント泊などは山の所有者の黙認のもとで行われているという記事を読むにつけ、登山もキャンプも他人に迷惑をかけないようにしていかないと、いろいろと禁止事項が増えて自分たちの首を絞めることになるなあと感じました。

おまけの話

産業廃棄物処理業などの業者さんは県知事から許可をもらって営業しています。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反すると許可を取り消されてしまいます。
意外と多い取り消し原因が、焚き火なんだそうです。
屋外で作業することが多い仕事なので、寒い時期に暖をとる目的でうっかり会社の敷地で焚き火をしてしまい、近隣からの通報で発覚ー>許可取り消しになってしまうそうです。

ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯

シエラストーブというウッドバーニングストーブ(ネーチャーストーブともいう)を持っているのですが、お湯を沸かすばかりでまだ炊飯したことがありませんでした。

そこで2週間ほど前になりますが、市内某所で炊飯実験をしてきました。

ハイキングの時に使うリュックと折り畳みイス。荷物が小さいっていいな。

付録のミニサコシュが欲しくて買った「ランドネ1月号」に載っていた「カシューとレーズンのカレーピラフ」が美味しそうだったのでこれを作ることにしました。

作り方(ランドネ1月号より)

1.飯盒またはクッカーに無洗米・水・タンドリーチキンの素・コンソメを入れてよく混ぜる。
2.小さく切ったウインナー、レーズンを上にのせて強火にかける
3.沸騰して湯気が出たら弱火にして、12分加熱する
4.火を止めて10分蒸らしたらカシューナッツを加えて全体を混ぜる

実際は

  • 一番近くのスーパーでタンドリーチキンの素を探したがなかったので、代わりにカレー粉を使った
  • 買い置きしてあったミックスナッツ(カシューナッツの代わり)は前日に食べてしまったので、レーズンだけ入れた

分量はお米4分の3カップに対してカレー粉小さじ2強、コンソメの素小さじ2にしてみました

初めて風防も使ってみました。やっぱり早く沸騰した。

結果

このように一応できましたが、少しお米に芯が残りました。

味は美味しかったのですが、カレー粉は多すぎました。コンソメをもう少し多くして、カレー粉は減らすと、もっと美味しくなりそうです。(それよりタンドリーチキンの素を買ってくるのが一番かもしれません。)

実はスプーンを忘れたのでクッカーごと持ち帰って家で食べました。

炊飯しながら本を読もうしましたが、薪をくべるのが忙しくてあまり読めませんでした。

気が付くと火がほとんど消えてしまっていたときがありました。が、灰の中に新しい薪を突っ込むと、あら不思議、あっという間に炎が復活。強制的に空気が送り込まれている効果でしょうか。助かりました。
灰がほとんど残らないのも助かります。どんどん酸素を送って燃やし尽くす感じです。

今回炊飯した場所は、市内の河川敷です。
河川敷で火を使うのはダメなような気がしていましたが、調べてみたら直火でなければ火が使える場所があったので。

確かにそこで1回だけバーベキューをしている人たちを見かけました。

でも一人でシエラストーブでご飯を炊くのはすごく勇気がいりました。

「こんなところで焚き火をしちゃダメじゃないか!」と言ってくる人などが出るかもしれないと思い、もし何か言われた時のためにスマホで市川市のホームページがすぐにみられる状態にしておいたり、公園緑地課の電話番号を控えておいたりしました。
服装も、怪しい人にならないように、小奇麗な色のウインドブレーカーを選びました。

神経質すぎるかもしれません。ただ、地元でもバーベキューの残骸が残されていて問題になっているので、キャンパーのイメージ悪化を防ぎたく思います。

結局、スプーンを忘れたこと以外は滞りなく終了しました。
次は、おかず作りに挑戦します。



「フォトロゲinいちかわ」に参加しました

この前の日曜日(5月28日)に「第2回フォトロゲinいちかわ」に参加しました
フォトロゲ(フォトロゲイニング)とは、制限時間内に地図に記されたチェックポイントを回って得点を競うゲームです。チェックポイントでは、主催者から渡された見本と同じ写真を撮って通過証明にします。
オリエンテーリングに似ていますが、違うのはチェックポイントを全部回る必要がないこと、回る順番も決められていないことです。
また、走っても歩いてもよく、今回は電車とバスの利用もOKでした。


主催者から渡される地図です。
赤マルで囲まれた場所の中心にチェックポイントがあります。
数字は得点です。
スタート地点から遠い場所や、探すのが難しい場所ほど高得点です。


主催者から渡されるチェックポイント一覧。この見本通りの写真を撮ります。

ちなみに私はフォトロゲ初参加です。こんな一日でした。

朝9時、スタートおよびゴール地点の千葉商科大学の学食に到着。学生さんたちに笑顔で迎えられ、受付で参加費1500円を払うと、地図、チェックポイント一覧、ルール説明書、得点集計&アンケート用紙などが渡されました。
空いている席に座って、どこをどんな順番で回るか作戦を立てます。
チームや親子、夫婦で参加の人も多くて、ルートについて熱心に議論している方々も。
9時10分からルールや注意事項の説明があり、9時半ごろから準備のできた人から順次スタート。
小さい子供のいる家族連れは歩いて、入賞を狙っていそうなランニングウエアに身を包んだ人たちは走ってスタートです。
私は9時35分に歩いてスタートしました。

まず商科大の近くの芳澤ガーデンギャラリー須和田公園で合計58点ゲット。真間のつぎはしで13点ゲットして南に向かいます。市川真間駅の南の百姓s’cafe、からHaus Von Frau Kurosawaを通ってアイリンクタウンの展望台へ行きます。ここは目立つ建物なのに63点も貰えるのです。はずせません。45階に上がってチェックポイントに指定されたパネルを撮影。
さらに南下して麻生コーヒー店の看板を撮影して40点獲得。64点の大洲防災公園に向かいましたが、ここでチェックポイントの説明版を探すのに時間がかかってしまいました。その後、約2キロ離れたドルチア本八幡店に向かう途中で右足の裏にマメができて歩く速度が上がりません。本八幡に着いたときは予定よりも大分時間が経っていました。
ドルチアからコルトンプラザの近くのおりひめ神社に行く途中では左足の裏にもマメができて痛い痛い。コルトンからサイゼリヤ1号店八幡様の大イチョウ等へ行き、予定ではここから京成線で中山へ行って70点台のポイントを4か所回るつもりでしたが、時間が足りなそう。何よりマメが痛い(多分マメがつぶれている)ので断念して、京成八幡から電車で市川真間に戻りました。
市川真間駅からは、痛む足をかばってゾンビのような歩き方になりながら千葉商科大に向かい制限時間の5分前にゴールしました。最初に考えていたほどは回れなく、あっという間の3時間でした。

ゴール後に得点を集計して係の人に渡すと、引き換えに食事券がもらえました。
得点上位の人はチェックポイントの写真の提示を求められますが、私は511点で写真の提示は求められませんでした。
お昼はチキン南蛮をいただきました。
食事後しばらくすると1位から3位までと、200点台、300点台、400点台のニアピン賞の人の表彰が始まりました。

今回、競技エリアは市川市の北部で、東西約5キロ、南北約6キロの地域に41か所のチェックポイントがあり、全部で2017点になります。優勝した方は1768点で30キロくらい移動したそうです。2位と3位の方は1600点台でした。

この企画は千葉商科大の学生が企画運営したそうです。テーマは市川のグルメとバラの花らしく、バラが見頃の里見公園や須和田公園などがルートに入っていました。私は芳澤ガーデンギャラリーの庭が気に入ったので、今度ゆっくり見に行きたいと思います。

スタートとゴールに使われた学食「The University DINING」は「木漏れ日のような優しい光に包まれた空間」という建築コンセプトそのままの、非常に気持ちのいい場所です。早稲田大学学食研究会のランキング1位だとか。学生以外も利用できるそうです。

この競技、走力はあるに越したことはないと思いますが、市街地なのでそれほど速度は出せません。地図読みが正確だとか、ルート設定が巧みだとかの要素もあるので誰でも楽しめると思いました。

競技も楽しいし(個人的には、ルートを考えるところに戦略性があってそれが面白い)、学食も気に入ったので、次回あったらまた参加したいです。