カテゴリー別アーカイブ: キャンプ

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか・自宅の庭で焚き火ができるのか・調べてみました

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか

地元の河川を管理している公官庁のサイトを調べました。

【江戸川河川事務所のホームページから抜粋】

河川敷の利用を希望される方へ

河川は公共のものですから、「自由使用」と言って、原則として誰もが自由に利用することができます(例:散歩など)。

河川を管理する法律に「河川法」があります。河川法により河川を管理する上で支障が生じる恐れがある行為については制限されています。
例 河川に工作物を設置すること(河川法第26条)

河川法以外の他の法律で利用が制限される行為もあります。
例えば、魚釣りや猟銃の使用があげられます。

河川管理者が河川法に基づき、河川敷の利用・整備を特定の者に許可している場所があります。この許可を「占用許可」といい、占用許可された敷地を「占用地」といいます。

占用許可は、一般的には都県や区市町といった自治体を対象としており、これにより、河川敷の公園や運動場、自転車歩行者専用道路、橋梁などが整備されています。このような占用地では、自治体など占用許可を受けた者が施設管理を行い、またこれら施設の利用は、施設管理者が定める規則に従って利用することになります。

以上のような制限にあたらない行為は、基本的に河川を自由に利用できます。

しかし、河川にはいろいろな方がいろいろな利用目的を持って訪れます。河川利用にあたっては、他の河川利用者や近隣住民に十分配慮し、お互い譲り合って利用して下さい。他者への配慮・譲り合いは自由使用に欠かせません。

※以下の行為は危険・迷惑行為ですので止めて下さい。

・河川敷でのゴルフ練習(飛球に対する危険など)
・高速走行で通過する自転車(衝突に対する危険など)
・水上バイクによる暴走(近隣住民への騒音、波の発生による釣り人への危険など)
・ラジコン飛行機やドローン(飛行禁止区域)
・モーターパラグライダー(近隣住民への騒音、墜落の危険など)
・バイク走行(衝突に対する危険など。自転車歩行者専用道路等、そもそもバイクの進 入自体が禁止されている通路がほとんどです。)
・直火によるバーベキュー(火災の危険など)
・犬の放し飼い(なお、犬の放し飼いは条例で禁止されています)
・遅い時間の花火(近隣住民への騒音など)など

多人数で河川の利用を行おうとするときは事前に担当出張所にご相談ください。

以上です。

つまり、自治体が占有していない河川敷で、直火以外の方法でなら火を使ってよいのですね。

バーベキューグリルや脚のついた焚き火台を使いましょう。

灰が落ちても大丈夫なように金属のトレーも準備するといいですね。

さらに自治体の占有地(多くの場合公園になっている)でもその自治体が火を使うことを許可している場合もあります。

市川市内には、バーベキューなどができる公園がありますが(直火は禁止)、その中でもさらに、火を使うためにあらかじめ市に届け出が必要な公園と、届け出不要の公園と2種類ありました。

前回の投稿(ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯)でシエラストーブを使った場所は、届け出不要の場所でした。

なぜはっきりした場所を書かないのかというと、市のホームページに、「キャンプ場等の紹介をしている業者の方は、この緑地をキャンプ場やバーベキュー施設として紹介しないでください。」とありまして、このブログあくまで個人のブログですが、あまりおおっぴらに宣伝してはいけないような気がしてしまって…。

自宅の庭で焚き火はできるのか

野焼きが禁止されているので、自宅の庭などで焚き火をしてはいけないと説明しているサイトを見つけました。

そもそも野焼きの定義って何だろうと思い環境省のサイトを見てみると

雑草、稲わら、もみ殻などを燃やしたり
家庭ごみを燃やしたり
害虫駆除のために山焼きをしたり
産業廃棄物を燃やしたり
(これは明らかに違法!)

することでした。

ここだけ見ると焚き火はできなそうな感じですね。ところが、

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条のニ第三項と廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第14条五項によると個人による廃棄物の焼却は禁止されているものの

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの

焼却禁止の例外とされています。

焚き火、してもいいんですね。(と、ちょっとビックリ。)

ところで、野焼きは防火の観点から禁止されていたのかと思いきや、根拠法令は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」なので、大気汚染の防止が目的なのです。
焚き火するときは、着火剤にガムテープとか使わないように気をつけないと。

でも、住宅地で焚き火して、火事とカン違いされて消防車が出動しちゃった事例を知っているので、怖くて私はできません。

まとめ

・河川敷では、直火(地面で直接火を焚く)以外の方法なら焚き火をして良い。

・河川敷が自治体などの占有地になっているときは、占有者の指示に従うこと。

・自宅の庭では、軽微な焚き火はして良いが、有害物質を燃やさないようにすること。

・煙や臭いで近所に迷惑をかけないように気を付ける。

追記

この記事を書いた後に、こんな本を見つけました。

”登山者のための”法律入門なので河川でのBBQとかキャンプ寄りの話題は乗っていませんが、登山歴40年の弁護士が書いており、大変興味深い話題が満載でした。
日本では登山に関する法律は未整備で、山中でのテント泊などは山の所有者の黙認のもとで行われているという記事を読むにつけ、登山もキャンプも他人に迷惑をかけないようにしていかないと、いろいろと禁止事項が増えて自分たちの首を絞めることになるなあと感じました。

おまけの話

産業廃棄物処理業などの業者さんは県知事から許可をもらって営業しています。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反すると許可を取り消されてしまいます。
意外と多い取り消し原因が、焚き火なんだそうです。
屋外で作業することが多い仕事なので、寒い時期に暖をとる目的でうっかり会社の敷地で焚き火をしてしまい、近隣からの通報で発覚ー>許可取り消しになってしまうそうです。

ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯

シエラストーブというウッドバーニングストーブ(ネーチャーストーブともいう)を持っているのですが、お湯を沸かすばかりでまだ炊飯したことがありませんでした。

そこで2週間ほど前になりますが、市内某所で炊飯実験をしてきました。

ハイキングの時に使うリュックと折り畳みイス。荷物が小さいっていいな。

付録のミニサコシュが欲しくて買った「ランドネ1月号」に載っていた「カシューとレーズンのカレーピラフ」が美味しそうだったのでこれを作ることにしました。

作り方(ランドネ1月号より)

1.飯盒またはクッカーに無洗米・水・タンドリーチキンの素・コンソメを入れてよく混ぜる。
2.小さく切ったウインナー、レーズンを上にのせて強火にかける
3.沸騰して湯気が出たら弱火にして、12分加熱する
4.火を止めて10分蒸らしたらカシューナッツを加えて全体を混ぜる

実際は

  • 一番近くのスーパーでタンドリーチキンの素を探したがなかったので、代わりにカレー粉を使った
  • 買い置きしてあったミックスナッツ(カシューナッツの代わり)は前日に食べてしまったので、レーズンだけ入れた

分量はお米4分の3カップに対してカレー粉小さじ2強、コンソメの素小さじ2にしてみました

初めて風防も使ってみました。やっぱり早く沸騰した。

結果

このように一応できましたが、少しお米に芯が残りました。

味は美味しかったのですが、カレー粉は多すぎました。コンソメをもう少し多くして、カレー粉は減らすと、もっと美味しくなりそうです。(それよりタンドリーチキンの素を買ってくるのが一番かもしれません。)

実はスプーンを忘れたのでクッカーごと持ち帰って家で食べました。

炊飯しながら本を読もうしましたが、薪をくべるのが忙しくてあまり読めませんでした。

気が付くと火がほとんど消えてしまっていたときがありました。が、灰の中に新しい薪を突っ込むと、あら不思議、あっという間に炎が復活。強制的に空気が送り込まれている効果でしょうか。助かりました。
灰がほとんど残らないのも助かります。どんどん酸素を送って燃やし尽くす感じです。

今回炊飯した場所は、市内の河川敷です。
河川敷で火を使うのはダメなような気がしていましたが、調べてみたら直火でなければ火が使える場所があったので。

確かにそこで1回だけバーベキューをしている人たちを見かけました。

でも一人でシエラストーブでご飯を炊くのはすごく勇気がいりました。

「こんなところで焚き火をしちゃダメじゃないか!」と言ってくる人などが出るかもしれないと思い、もし何か言われた時のためにスマホで市川市のホームページがすぐにみられる状態にしておいたり、公園緑地課の電話番号を控えておいたりしました。
服装も、怪しい人にならないように、小奇麗な色のウインドブレーカーを選びました。

神経質すぎるかもしれません。ただ、地元でもバーベキューの残骸が残されていて問題になっているので、キャンパーのイメージ悪化を防ぎたく思います。

結局、スプーンを忘れたこと以外は滞りなく終了しました。
次は、おかず作りに挑戦します。



初めてのキャンプは若洲でソロキャン

安い装備でテント泊

昔からテント泊をしてみたかったのです。大自然の中で朝を迎えてみたいのです。

1.準備編
最低限必要なものは、テント・寝袋・食器・調理するための火器・それらを運ぶもの(リュックとか)だと思いました。

それらをただ買い集めるのはつまらない気がしたので、家にあるものを工夫して代用していこうと思いました。

寝袋 ⇒ フリースの毛布で代用

テントの中に敷くシート ⇒ これもフリースの毛布で代用

テントの下に敷くシート ⇒ 20年以上前に買ったエマージェンシーブランケット

食器 ⇒ 10年以上前に買ったクッカー(BBQで2~3回使用)

カトラリー類 ⇒ 割りばし

ランタン ⇒ ミニマグライトにコンビニ袋をかぶせる

ヘッドランプ ⇒ ノベルティでもらったクリップ付きのライトを胸ポケットに指して使う

キャンプ用イス ⇒ 20年以上前に釣具屋さんで買った折り畳みイス

火器 ⇒ 20年以上前に買って一度しか使わなかったシエラストーブ(シエラストーブについては12月7日付ブログ))

リュック ⇒ 学生の時に使っていた40リットルくらいのザック。カバン型にもなるし背負うこともできるタイプ。

こうしてみると、絶対必要な物で足りないものはテントだけでしたので、ネットで評判の良かったバンドックツーリングテントBDK-18を5500円で購入しました。

その他購入したもの
キャンプ用テーブルの代わりになるものが見つからなかったので、百均でまな板を買って地面に置いて使いました。
シエラストーブで小枝が上手く燃えなかった時の保険に、チャコールブリケットという木炭を固めたような燃料も買ってしまいました。

荷物はこの他に寒くなった時用のダウンジャケット、毛布が車の中に置いてあります。

2.若洲キャンプ場に決めました
いろいろな方のキャンプブログを見ているうちに、江東区の若洲キャンプ場に行きたくなってきたので、そこに決定しました。
大自然の中ではないけれど、区立の公園の中なので安心な気がしたので。
一泊600円とリーズナブルだし、なんかあったら車ですぐに帰れるし。

第1回ソロキャンプ

10月下旬の某日(平日)、午後3時過ぎにキャンプ場に到着しました。
テントを張ってしまうと、意外と暇なんですが、この暇な感じが気に入りました。

今夜の宿

ゲートブリッジを眺めたり、写真を撮ったり。
シエラストーブ用の小枝や枯葉も集めました。意外とたくさん集められて満足です。小枝が見つからなかった時のために家から小枝持参で来てしまったのですが。

夕方、お待ちかねの夕食つくり、というよりも本当はシエラストーブで焚き火がしたかっただけ。
シエラストーブで炊飯するのは自信がなかったので、夕食はカップヌードル、ソーセージ、ホットワインだけでしたが、自分で集めた小枝を燃やして沸かしたお湯で食べるヌードルの美味しかったこと!ソーセージもボイルして食べました。

食後はまた散歩。夜ですが公園の中は街灯がついていて真っ暗にはならないのです。

ライトアップされたゲートブリッジを見たり。

そして就寝。
暗くなってから時々警備員さんが巡回してくれていたので安心でした。
トイレも夜通し明かりがついていて(それもすごく明るい)安心でした。

朝、公園の中で目が覚めるという、非日常なシチュエーションがうれしかったです。これで晴れていれば言うことなしだったのですが、残寝ながら曇っていました。
さっそく小枝を燃やして湯を沸かしてコーヒータイム。
テントの撤収も難なく終わって帰宅しました。

反省点

スリーピングマットの代わりに敷いたフリースの毛布は、寝返りを打っていたら、ぐちゃぐちゃになってしまって役に立たなかった。
最低気温15℃でしたが、ダウンジャケットを着てフリースの毛布を掛けただけでは寒かった。

第2回ソロキャンプ

11月の最終週に行ってきました。

今夜の宿(撮影は翌朝)

毛布を敷くのはダメだと分かったのでロールマットを購入しました。さかいやオリジナルの商品で1600円でした。安いけど厚さは1センチあります。
体に掛ける毛布は前回のフリースは寒かったので、ウールにしました。

相変わらずシエラストーブでの焚き火が目的なので、いろいろな太さの枝と焚きつけ用の松ぼっくり、ヒノキの皮を持っていきました。
燃料が現地調達できるのがウリのシエラストーブなのに、ちょっとおかしいですよね。

前回よりも少し早めに行ってキャンプ場に隣接している海浜公園を散歩しようと思っていたら、間違えてゲートブリッジに乗ってしまって、お向かいの大田区城南島まで行ってしまい、キャンプ場に着いたのは前回と同じくらいの時刻でした。

雲行きも怪しくなってきたので散歩はやめて夕食タイムにしました。といってもやはりカップ麺が主食。お米を焚く自信がないのです。コンビニで買ったスモークチキンやベーコンを温めて食べました。

その後ストーブの火力を落として赤ワインをゆっくり温めながらミックスナッツをかじって若洲の夜を堪能しました。

翌朝は晴れ!

前回行かなかった海沿いの道を散策しました。

海を挟んでディズニーランドや葛西臨海公園やお台場も見えました。

反省点

今回最低気温8℃。ホカロンをお腹と背中に貼り付けて、セーター姿でウールの毛布に潜り込んで寝ましたが、どうしても肩のあたりから寒い空気が入ってきて、夜中に何度も目が覚めてしまいました。なるほど、マミー型寝袋の必要性がわかりました。



シエラストーブとは|構造と使ってみた感じ

私がキャンプの時の煮炊きに使っているのは、20年くらい前に買ったシエラストーブというものです。アメリカ製で、当時クッカーとセットで12,000円くらいだったような気がします。

そのころアウトドアブームというか、アウトドアギアのブームのようなものがあって、若い男の子が街でノースフェイスのダウンジャケットやLLビーンのブーツを身に着けていましたね。
私もアウトドアグッズが好きだったのでこんな雑誌を買っていました。で、そこでシエラストーブを見つけたわけです。

今はやりのネイチャーストーブと同じで、燃料はそこら辺に落ちている小枝や松ぼっくりですが、炉の下に乾電池で回るファンがついていて、炉の下部にある穴から強制的に空気を送り込む仕掛けになっています。

スイッチオンの状態

スイッチオフの状態

炉にファンを収納できるようになっています。クッカーにスッポリと入ります

日本の製品みたいに作りが精密ではないのが、また愛嬌があって好きです。手とか切りそうな感じなんです。でも実際には切ったことはありません。

セットの内容

炉 ファン 風防 
2枚の板は組み合わせて使います。クロスグレイトというものだそうです。五徳かと思ったら違いました。ちなみに五徳の英語はトリポッド(トライポッド?)だそうです。
クロスグレイトの用途は、炉に入りきらない長めの枝を使えるようにするのです。
このように。便利です。

お湯が沸くのにかかる時間はどのくらい?

登山用のガスストーブは使ったことがないので比較はできないのですが、自宅でお湯を沸かす感覚でいると、まぁー時間がかかります。水の量や気温や風によるので何分とかは言えないんですが。
でも、火を見つめたり、薪をくべたりしながら気長に待っていれば、そのうちお湯は沸きます。

着火のしやすさは?

暖かい時期は小枝を入れて新聞紙を少し入れてファンを回して火を点ければ簡単に火が起きたのですが、寒くなってきたら手間取るようになりました。(気温10℃だと着火剤のお世話になりました)

暖かい時期ならこの新聞紙に火をつけるだけで着火できました

風のあるときにファンを回しながら着火しようとしたら火がすぐ消えてしまうことがあって、ファンを止めたらどうにか着火できた時もありました。
燃焼するのに酸素はあったほうが良いが、温度が下がりすぎるのはダメなんでしょうね。

小枝が少し湿っていても強制的に空気が送り込まれるので着火できるということですが、煙ばかり出てなかなか着火しないこともありました。

ファンはずっと回しておくものなのかどうか、最初は試行錯誤しましたが、風の強さや火の状態を見てスイッチを入れたり切ったりするようになりました。

一筋縄ではいかないところが面白くなってきました。このストーブを手なづけていつどんな時でも着火できるようになりたいです。

小枝の量は、写真の手提げバッグに半分くらいの枝で3時間ほど遊べました。

とろ火もできますよ

ファンを回しながら小枝や割りばしをくべるとボーボーと勢いよく炎が上がります。が、ある程度太さのある枝をくべておくといい感じの熾火が出来上がります。

この日は、直径3センチくらいの山茶花の枝をくべて熾火を作り、ホットワインを作りました。
火鉢みたいに手をかざして暖をとったり、赤ワインを温めながらチビチビとやれます。
炎が欲しいときは熾火に新しい枝を突っ込んでファンを回して2~30秒するとメラメラと火が燃え上がります。

製造元らしきサイトによれば、枝や松ぼっくり以外にも炭、固形燃料も使えると書いてありましたので、朝のコーヒーの時は固形燃料を使ってみました。

自宅で試したときは、16℃無風で300mlのお湯が6分で沸騰しましたが、気温8度の屋外ではもっとかかりました。風があるのに風防を付けなったし。時間もきちんと計っていませんでした。風のせいか炎が弱々しくなってきてしまったので、小枝を追加しました。

「アウトドアベース犬山」さんのサイトによれば、燃料は木質ペレットも使えるそうです。
木質ペレット200gでお米2合が炊けるそうです。
新聞紙1日分でお米3号が炊けるそうです。

外国の方の動画で、シエラストーブをアルコールストーブの風防兼五徳として使っているのを見ましたが、さすがにかさ張りすぎてわざわざこれを使う意味がないような気がしました。使用時の高さは16センチもあるし重さも500gあるんですよ。
私は枝以外なら固形燃料が好きだなあ。

私の感覚ではシエラストーブは調理用ストーブでもあるし、焚き火台でもあります。

使う木によって火の付き易さ、火持ち、燃えたときの匂い(臭い木もある)が違うのでいろいろな木を試すのも楽しいです。自分で炉に入る大きさに切りそろえたり割ったりした薪を使うのも楽しいです。硬い木を切るといい運動になりますね。
自宅から薪を持っていくと多少荷物は増えますが気にしない。

薪についての知識は「焚き火大全」という本で得ました。

千葉県からも近くて安い若洲キャンプ場

先月の話になりますが、生まれて初めてのテント泊を江東区の若洲キャンプ場で行ってきました。
まずはキャンプ場の紹介をします。

朝のキャンプ場

1.若洲キャンプ場とは

  • 江東区立のキャンプ場。大人一人一泊600円。テントサイトの数は117。
  • デイキャンプもできる。日帰りの場合は大人一人300円。デイキャンプの収容人数は約1500名。
  • 直火での焚き火は禁止されているが、焚き火台を使っての焚き火はできる。焚き火台のレンタルもできる。
  • 野外炉、炊事場等そろっているが、入浴はコインシャワーのみ。
  • ペットを連れての入場は(ケージに入れても)禁止。
  • 園内には売店「若洲アウトドアセンター」があって、キャンプやBBQ用品のレンタルや食材などの販売を行っている。
  • お手洗いは、ウオッシュレットなどはないが、大変きれいな洋式トイレ。バリアフリー化されています。
  • 利用には事前の予約が必要です。
    どうも、予約の取りにくいキャンプ場として有名らしいです。私は平日の朝9時(予約は朝9時から)に電話をしたのですが既に話し中で、リダイヤルし続けてやっと10分後くらいにつながりました。

2.交通

  • JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線「新木場」駅下車。都バス「木11系統 若洲キャンプ場行」に乗り、終点「若洲キャンプ場前」下車。所用時間約15分。
    ちなみに市川駅から都バス「若洲キャンプ場前」までは約1時間。
  • 駐車場もあり、車での来園も可。しかし休日は午前中から満車になることが多いようです。
    私は車で行ったのですが、蔵前通りと明治通りを通って渋滞に巻き込まれながら約1時間強といったところ。
    国道357号を使えばもっと早く行けた気がします。

3.近隣の施設

  • 海釣り施設があります。上記の売店でエサ、仕掛けが買えます。貸し竿もあります。
  • サイクリングロードがあります。レンタサイクルもあります。
  • 東京ゲートブリッジがすぐそばにあって、エレベーターで橋の上の歩道に出られます。
    自動車専用の橋だと思っていましたが、歩いて渡れるみたいです。「みたいです」といったのは、私が到着した時刻は既にエレベーターの営業が終わっていて、橋に上がれなかったから。一応自分で経験したことをきちんと書きたいので。

夕暮れの東京ゲートブリッジ

肝心のキャンプの様子は次回のブログでお話します。

「海上公園なび」のリンクです。ここから「江東区立若洲公園」を探してみて下さい。