作成者別アーカイブ: 行政書士1号・2号

低山ハイキングの冬の服装について迷った話

青梅丘陵ハイキングコースに行きました

12月下旬、数年に一度の寒波が来ているときに、青梅でハイキングをしてきました。

予報では最低気温が氷点下6度、最高気温は7度。

ハイキングのスタート時刻の頃は、0度くらいじゃないかと予想しました。

寒い時期の空は綺麗です

服装で悩みました

十数年前に、真冬の秩父にハイキングに行った時の服装は、ウールの下着・厚手のセーター・ウインドブレーカー(アシックス製のランニング用)でした。
ガンガン歩く人たちと一緒の時は、これでちょうど良かったのです。

しかし今回の同行者は写真を撮るのが大好きな人。立ち止まっている間に体が冷える可能性が。ウールの下着はよれよれになって捨ててしまったし。
こんな寒いときに山に行く予定は全くなかったので、あわてて手持ちのウエアを組み合わせてみました。
とにかく、汗冷えを防ぐ服装を考えました。

このようにしてみました

一番下から

・ランニング用の半そでシャツ(ポリエステル100%)

・シエラデザインの半そでTシャツ(綿30%ポリエステル70%)

・ユニクロのメリノウールのセーター

・化繊の中綿のダウンジャケット風のジャケット

履物は一番下から

・ファイントラックのスキンメッシュタイツ

・ユニクロのヒートテック

・綿とポリエステル混紡のカーゴパンツ(作業着の通販サイトで購入)

化繊のジャケットで暑くなった時のために、ザックの中にモンベルのウインドブレーカーを入れておきました。

いろいろと入り乱れています。山用のウエアはスキンメッシュだけ。

この中では、寒い時期のジョギング用に買ってみたスキンメッシュがとても気にいってます。

スキンメッシュのTシャツも買おう買おうと思いつつ、ハイキングの日が近づいてきてしまい、あわてて思いついたのがランニング用のTシャツです。

目の粗いポリエステルの生地は、よーく見るとメッシュに見えなくもない気がします。

汗冷えしないのはジョギング時に確認済み。

結果は

上半身に着たものに関してはかなりうまくいきました。

自分では全く汗をかいた気がしていないのに、下から2枚目に来ていたTシャツは汗でぐっしょりでした。
ハイキング後半はかなり寒かったけれど、汗冷えは全くありませんでした。

下半身に着たものについては、汗冷えはしませんでしたが、ヒートテックの着ごごちはかなり悪かったです。
少し動くとカーッと暑くなります。これは去年からわかってはいたのですが。
ただ、スキンメッシュのおかげで汗で濡れた感じは全くなし。

薄手のウインドブレーカーは持って行って正解でした。
コース前半で中綿入りジャケットでは暑くなったので、着替えました。ジャケットは丸めてザックに突っ込んでおきました。ザックを新調しておいて良かった。

青梅丘陵ハイキングコースについて

”丘陵”とか”ハイキング”といった緩やかな言葉でイメージしていたのとはちょっと違うコースでした。軍畑駅から青梅駅に向かいましたが、コース前半は急な上り下りの繰り返しでした。

ここが最高地点

全体的に200mから500mくらいの丘陵らしいのですが、、累積では相当な高さになりそうでした。

辛垣城跡(からかいじょうあと)も残っていて、現地案内板によると堀切や竪堀の跡が残っているそうです。
見に行きましたが、ここがそう、とはっきりわかる感じではないので、土の城マニアの方向け。マニアの方は、足場が相当悪いのでお気をつけて。

櫓台跡を利用した展望台もあります。コースの脇で簡単に行けます。

青梅駅に近い場所は前半部が嘘のように歩きやすい。軍畑駅の方は杉林、この辺は広葉樹林。

ベンチや休憩所が何か所かありました。トイレは青梅に近いほうに1か所。

コースタイムは一般に4時間くらいと言われていますが、写真を撮りながら歩いて5時間かかりました。

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュタイツ Women’s L BK(ブラック) FUW0413

価格:4,536円
(2019/1/2 12:45時点)

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか・自宅の庭で焚き火ができるのか・調べてみました

河川敷でバーベキューや焚き火ができるのか

地元の河川を管理している公官庁のサイトを調べました。

【江戸川河川事務所のホームページから抜粋】

河川敷の利用を希望される方へ

河川は公共のものですから、「自由使用」と言って、原則として誰もが自由に利用することができます(例:散歩など)。

河川を管理する法律に「河川法」があります。河川法により河川を管理する上で支障が生じる恐れがある行為については制限されています。
例 河川に工作物を設置すること(河川法第26条)

河川法以外の他の法律で利用が制限される行為もあります。
例えば、魚釣りや猟銃の使用があげられます。

河川管理者が河川法に基づき、河川敷の利用・整備を特定の者に許可している場所があります。この許可を「占用許可」といい、占用許可された敷地を「占用地」といいます。

占用許可は、一般的には都県や区市町といった自治体を対象としており、これにより、河川敷の公園や運動場、自転車歩行者専用道路、橋梁などが整備されています。このような占用地では、自治体など占用許可を受けた者が施設管理を行い、またこれら施設の利用は、施設管理者が定める規則に従って利用することになります。

以上のような制限にあたらない行為は、基本的に河川を自由に利用できます。

しかし、河川にはいろいろな方がいろいろな利用目的を持って訪れます。河川利用にあたっては、他の河川利用者や近隣住民に十分配慮し、お互い譲り合って利用して下さい。他者への配慮・譲り合いは自由使用に欠かせません。

※以下の行為は危険・迷惑行為ですので止めて下さい。

・河川敷でのゴルフ練習(飛球に対する危険など)
・高速走行で通過する自転車(衝突に対する危険など)
・水上バイクによる暴走(近隣住民への騒音、波の発生による釣り人への危険など)
・ラジコン飛行機やドローン(飛行禁止区域)
・モーターパラグライダー(近隣住民への騒音、墜落の危険など)
・バイク走行(衝突に対する危険など。自転車歩行者専用道路等、そもそもバイクの進 入自体が禁止されている通路がほとんどです。)
・直火によるバーベキュー(火災の危険など)
・犬の放し飼い(なお、犬の放し飼いは条例で禁止されています)
・遅い時間の花火(近隣住民への騒音など)など

多人数で河川の利用を行おうとするときは事前に担当出張所にご相談ください。

以上です。

つまり、自治体が占有していない河川敷で、直火以外の方法でなら火を使ってよいのですね。

バーベキューグリルや脚のついた焚き火台を使いましょう。

灰が落ちても大丈夫なように金属のトレーも準備するといいですね。

さらに自治体の占有地(多くの場合公園になっている)でもその自治体が火を使うことを許可している場合もあります。

市川市内には、バーベキューなどができる公園がありますが(直火は禁止)、その中でもさらに、火を使うためにあらかじめ市に届け出が必要な公園と、届け出不要の公園と2種類ありました。

前回の投稿(ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯)でシエラストーブを使った場所は、届け出不要の場所でした。

なぜはっきりした場所を書かないのかというと、市のホームページに、「キャンプ場等の紹介をしている業者の方は、この緑地をキャンプ場やバーベキュー施設として紹介しないでください。」とありまして、このブログあくまで個人のブログですが、あまりおおっぴらに宣伝してはいけないような気がしてしまって…。

自宅の庭で焚き火はできるのか

野焼きが禁止されているので、自宅の庭などで焚き火をしてはいけないと説明しているサイトを見つけました。

そもそも野焼きの定義って何だろうと思い環境省のサイトを見てみると

雑草、稲わら、もみ殻などを燃やしたり
家庭ごみを燃やしたり
害虫駆除のために山焼きをしたり
産業廃棄物を燃やしたり
(これは明らかに違法!)

することでした。

ここだけ見ると焚き火はできなそうな感じですね。ところが、

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条のニ第三項と廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第14条五項によると個人による廃棄物の焼却は禁止されているものの

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの

焼却禁止の例外とされています。

焚き火、してもいいんですね。(と、ちょっとビックリ。)

ところで、野焼きは防火の観点から禁止されていたのかと思いきや、根拠法令は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」なので、大気汚染の防止が目的なのです。
焚き火するときは、着火剤にガムテープとか使わないように気をつけないと。

でも、住宅地で焚き火して、火事とカン違いされて消防車が出動しちゃった事例を知っているので、怖くて私はできません。

まとめ

・河川敷では、直火(地面で直接火を焚く)以外の方法なら焚き火をして良い。

・河川敷が自治体などの占有地になっているときは、占有者の指示に従うこと。

・自宅の庭では、軽微な焚き火はして良いが、有害物質を燃やさないようにすること。

・煙や臭いで近所に迷惑をかけないように気を付ける。

おまけの話

産業廃棄物処理業などの業者さんは県知事から許可をもらって営業しています。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反すると許可を取り消されてしまいます。
意外と多い取り消し原因が、焚き火なんだそうです。
屋外で作業することが多い仕事なので、寒い時期に暖をとる目的でうっかり会社の敷地で焚き火をしてしまい、近隣からの通報で発覚ー>許可取り消しになってしまうそうです。

ソロキャンプのお気に入り道具・シエラストーブで炊飯

シエラストーブというウッドバーニングストーブ(ネーチャーストーブともいう)を持っているのですが、お湯を沸かすばかりでまだ炊飯したことがありませんでした。

そこで2週間ほど前になりますが、市内某所で炊飯実験をしてきました。

ハイキングの時に使うリュックと折り畳みイス。荷物が小さいっていいな。

付録のミニサコシュが欲しくて買った「ランドネ1月号」に載っていた「カシューとレーズンのカレーピラフ」が美味しそうだったのでこれを作ることにしました。

作り方(ランドネ1月号より)

1.飯盒またはクッカーに無洗米・水・タンドリーチキンの素・コンソメを入れてよく混ぜる。
2.小さく切ったウインナー、レーズンを上にのせて強火にかける
3.沸騰して湯気が出たら弱火にして、12分加熱する
4.火を止めて10分蒸らしたらカシューナッツを加えて全体を混ぜる

実際は

  • 一番近くのスーパーでタンドリーチキンの素を探したがなかったので、代わりにカレー粉を使った
  • 買い置きしてあったミックスナッツ(カシューナッツの代わり)は前日に食べてしまったので、レーズンだけ入れた

分量はお米4分の3カップに対してカレー粉小さじ2強、コンソメの素小さじ2にしてみました

初めて風防も使ってみました。やっぱり早く沸騰した。

結果

このように一応できましたが、少しお米に芯が残りました。

味は美味しかったのですが、カレー粉は多すぎました。コンソメをもう少し多くして、カレー粉は減らすと、もっと美味しくなりそうです。(それよりタンドリーチキンの素を買ってくるのが一番かもしれません。)

実はスプーンを忘れたのでクッカーごと持ち帰って家で食べました。

炊飯しながら本を読もうしましたが、薪をくべるのが忙しくてあまり読めませんでした。

気が付くと火がほとんど消えてしまっていたときがありました。が、灰の中に新しい薪を突っ込むと、あら不思議、あっという間に炎が復活。強制的に空気が送り込まれている効果でしょうか。助かりました。
灰がほとんど残らないのも助かります。どんどん酸素を送って燃やし尽くす感じです。

今回炊飯した場所は、市内の河川敷です。
河川敷で火を使うのはダメなような気がしていましたが、調べてみたら直火でなければ火が使える場所があったので。

確かにそこで1回だけバーベキューをしている人たちを見かけました。

でも一人でシエラストーブでご飯を炊くのはすごく勇気がいりました。

「こんなところで焚き火をしちゃダメじゃないか!」と言ってくる人などが出るかもしれないと思い、もし何か言われた時のためにスマホで市川市のホームページがすぐにみられる状態にしておいたり、公園緑地課の電話番号を控えておいたりしました。
服装も、怪しい人にならないように、小奇麗な色のウインドブレーカーを選びました。

神経質すぎるかもしれません。ただ、地元でもバーベキューの残骸が残されていて問題になっているので、キャンパーのイメージ悪化を防ぎたく思います。

結局、スプーンを忘れたこと以外は滞りなく終了しました。
次は、おかず作りに挑戦します。



東京ドイツ村チャイナランタンフェスティバル2018に行ってきました

イルミネーションを見にドイツ村に誘われたらチャイナランタンも見ることになった

ドイツ村の入り口で駐車場代2500円を支払えば、日本3大イルミネーションとして有名なイルミネーションが見られるのですが、チャイナランタンフェスティバルを見るためにはさらに一人2000円の入場料が必要です。

「たかがランタンを見るのにそんなお金を払うなんて…」、と心の中ではかなり躊躇しましたが、家族は行く気満々なので仕方なく入場しました。

園内はまだ日が沈み切ってなく、かつてはゴルフ場だっという起伏のある芝生地の池を囲んで、ねぶた祭の提灯の中国バージョンのようなものが造られているだけ。

「失敗だったかな?」とこれも心の中でつぶやきながら写真を撮っているうちに、徐々に夕闇が迫り、「月がいい位置にあるなあ」と月を入れた写真など撮影していました。

暗くなるにしたがって、ショボかったランタンが生き生きと輝きだしました

池の面にランタンが映ってそれは綺麗

入り口から池を隔てた正面に万里の長城を模したランタンがあって、そこが会場の端だと思っていたら、その裏側にもまだランタンが飾られていました。

会場の一方の端は小高い丘になっているのですがそこにも歩道が作られていて、全景が見渡せるようになっていました。
手前に木が生えているので暗く映ってしまいます。
こういう写真で遠景を撮るのは難しい。

池に映るランタンが、どの場所から見ても絵になって、歩いては立ち止まって写真を撮り、また歩いては…の繰り返しで気が付けば1時間半も経っていました。

会場内では一日に2回、中国雑技団の公演もあります。5時半からの公演が始まったのは分かったのですが、会場の端の方に居たので間に合わずに、後半の方を少し見られただけでした。でも面白かった。
会場は入り口から見渡した感じよりも実際にはかなり広いんです。

一番煌びやかだと思ったランタン

夕方の写真も結構いいかも

この後、イルミネーションを見たのですが、なんかやたらと平面的だなあと感じました。先に綺麗なものを見たせいで感激も少なく・・・。

これから行ってみる人へ

再入場についての注意

チャイナランタンフェスティバルの会場はゲートをくぐって入ります。この時係員に入場券を渡してしまいます。しかし会場から出るときに手の甲に再入場のためのスタンプを押してもらえば、また入場できます。

が、入場の際にその説明はなく、その旨を書いた看板等もありませんでした。(私たちは一度出たら入れないものと思って行動していました。)
外に出る時にたまたまスタンプの存在に気が付いて(スタンプが紐でぶら下げらていた)係の人を呼んで押してもらいました。

会場にはほか出口専用のゲートが2か所ありましたが、再入場用のスタンプは用意されていないようでした。

私たちが行ったのは12月18日でしたが、この後改善されていればと思います。

入場料金について

私たちは駐車場代2500円の他に一人2000円の入場料を払いましたが、来年1月3日からは、駐車場代金2500円を払えばチャイナランタンフェスティバルの会場にも入れるそうです。

おせっかいなひとこと

ランタンフェスティバルは4月まで開催されていますが、「あまり月日が経つと汚れが目立つかもしれない、早めに見ておいてよかった」と、これは家族の発言。

チャイナランタンフェスティバルとは

何の知識もなく、イルミネーションのおまけ程度に考えていたチャイナランタンフェスティバルに感激したので、帰宅後に改めて調べてみたら。

「チャイナランタンフェスティバル」とは、中国の唐の時代より続く伝統行事で、年に一度、春節の期間に開催される、にぎやかに春の夜を彩るお祭りである。

世界最大のランタンメーカー「自貢灯彩集団」による「チャイナランタンフェスティバル」は、イギリス、フランス、ドイツをはじめとする世界15か国、30都市で開催され、また、中国国内でも300都市で開催されるなど、各地で人気を博してきた。その伝統ある、「チャイナランタンフェスティバル」が、遂に日本で初開催される。

今回のチャイナランタン制作には、約5か月間を要し、延べ20,000人の職人によって全て手作りで作られ、2018年10月19日(金) 〜 12月6日(木)までの期間は、四川省自貢市からおよそ60人の職人が来日し、東京ドイツ村で設置作業が行われる。

出典 https://haveagood.holiday

なるほど。納得。

春節とは

春節から15日目の「元宵節」は上元節・灯籠節とも呼ばれ、旧暦新年最初の満月の日にあたります。
この日は街中に提灯や灯籠を灯して、元宵団子と呼ばれる餡入りの団子を食べるのが昔ながらの風習となっています。

各地では元宵節を祝う提灯祭りや獅子舞などのイベントも行われ、15日間にわたる春節期間の行事はこの日をもって終了します。

出典 https://tenki.jp/

ところでチャイナランタンは中国提灯ともいうそうです。
昔、春節の時期にマレーシアの中華街に行ったことがありますが、街中いたるところに赤い提灯がつるされていました。これはその発展形?
赤い提灯はドイツ村の会場にもありました。ちょっと懐かしかったです。

初めてのキャンプは若洲でソロキャン

安い装備でテント泊

昔からテント泊をしてみたかったのです。大自然の中で朝を迎えてみたいのです。

1.準備編
最低限必要なものは、テント・寝袋・食器・調理するための火器・それらを運ぶもの(リュックとか)だと思いました。

それらをただ買い集めるのはつまらない気がしたので、家にあるものを工夫して代用していこうと思いました。

寝袋 ⇒ フリースの毛布で代用

テントの中に敷くシート ⇒ これもフリースの毛布で代用

テントの下に敷くシート ⇒ 20年以上前に買ったエマージェンシーブランケット

食器 ⇒ 10年以上前に買ったクッカー(BBQで2~3回使用)

カトラリー類 ⇒ 割りばし

ランタン ⇒ ミニマグライトにコンビニ袋をかぶせる

ヘッドランプ ⇒ ノベルティでもらったクリップ付きのライトを胸ポケットに指して使う

キャンプ用イス ⇒ 20年以上前に釣具屋さんで買った折り畳みイス

火器 ⇒ 20年以上前に買って一度しか使わなかったシエラストーブ(シエラストーブについては12月7日付ブログ))

リュック ⇒ 学生の時に使っていた40リットルくらいのザック。カバン型にもなるし背負うこともできるタイプ。

こうしてみると、絶対必要な物で足りないものはテントだけでしたので、ネットで評判の良かったバンドックツーリングテントBDK-18を5500円で購入しました。

その他購入したもの
キャンプ用テーブルの代わりになるものが見つからなかったので、百均でまな板を買って地面に置いて使いました。
シエラストーブで小枝が上手く燃えなかった時の保険に、チャコールブリケットという木炭を固めたような燃料も買ってしまいました。

荷物はこの他に寒くなった時用のダウンジャケット、毛布が車の中に置いてあります。

2.若洲キャンプ場に決めました
いろいろな方のキャンプブログを見ているうちに、江東区の若洲キャンプ場に行きたくなってきたので、そこに決定しました。
大自然の中ではないけれど、区立の公園の中なので安心な気がしたので。
一泊600円とリーズナブルだし、なんかあったら車ですぐに帰れるし。

第1回ソロキャンプ

10月下旬の某日(平日)、午後3時過ぎにキャンプ場に到着しました。
テントを張ってしまうと、意外と暇なんですが、この暇な感じが気に入りました。

今夜の宿

ゲートブリッジを眺めたり、写真を撮ったり。
シエラストーブ用の小枝や枯葉も集めました。意外とたくさん集められて満足です。小枝が見つからなかった時のために家から小枝持参で来てしまったのですが。

夕方、お待ちかねの夕食つくり、というよりも本当はシエラストーブで焚き火がしたかっただけ。
シエラストーブで炊飯するのは自信がなかったので、夕食はカップヌードル、ソーセージ、ホットワインだけでしたが、自分で集めた小枝を燃やして沸かしたお湯で食べるヌードルの美味しかったこと!ソーセージもボイルして食べました。

食後はまた散歩。夜ですが公園の中は街灯がついていて真っ暗にはならないのです。

ライトアップされたゲートブリッジを見たり。

そして就寝。
暗くなってから時々警備員さんが巡回してくれていたので安心でした。
トイレも夜通し明かりがついていて(それもすごく明るい)安心でした。

朝、公園の中で目が覚めるという、非日常なシチュエーションがうれしかったです。これで晴れていれば言うことなしだったのですが、残寝ながら曇っていました。
さっそく小枝を燃やして湯を沸かしてコーヒータイム。
テントの撤収も難なく終わって帰宅しました。

反省点

スリーピングマットの代わりに敷いたフリースの毛布は、寝返りを打っていたら、ぐちゃぐちゃになってしまって役に立たなかった。
最低気温15℃でしたが、ダウンジャケットを着てフリースの毛布を掛けただけでは寒かった。

第2回ソロキャンプ

11月の最終週に行ってきました。

今夜の宿(撮影は翌朝)

毛布を敷くのはダメだと分かったのでロールマットを購入しました。さかいやオリジナルの商品で1600円でした。安いけど厚さは1センチあります。
体に掛ける毛布は前回のフリースは寒かったので、ウールにしました。

相変わらずシエラストーブでの焚き火が目的なので、いろいろな太さの枝と焚きつけ用の松ぼっくり、ヒノキの皮を持っていきました。
燃料が現地調達できるのがウリのシエラストーブなのに、ちょっとおかしいですよね。

前回よりも少し早めに行ってキャンプ場に隣接している海浜公園を散歩しようと思っていたら、間違えてゲートブリッジに乗ってしまって、お向かいの大田区城南島まで行ってしまい、キャンプ場に着いたのは前回と同じくらいの時刻でした。

雲行きも怪しくなってきたので散歩はやめて夕食タイムにしました。といってもやはりカップ麺が主食。お米を焚く自信がないのです。コンビニで買ったスモークチキンやベーコンを温めて食べました。

その後ストーブの火力を落として赤ワインをゆっくり温めながらミックスナッツをかじって若洲の夜を堪能しました。

翌朝は晴れ!

前回行かなかった海沿いの道を散策しました。

海を挟んでディズニーランドや葛西臨海公園やお台場も見えました。

反省点

今回最低気温8℃。ホカロンをお腹と背中に貼り付けて、セーター姿でウールの毛布に潜り込んで寝ましたが、どうしても肩のあたりから寒い空気が入ってきて、夜中に何度も目が覚めてしまいました。なるほど、マミー型寝袋の必要性がわかりました。