葛飾湧水群|千葉県船橋市の湧水

千葉県船橋市の西船を中心とした地区には、小さな池がいくつか見られます。これらは葛飾湧水群といわれています。

葛飾神社の池(西船5丁目)
住宅地の中のささやかな池。
国道14号の競馬場入り口のバス停があるあたりから細い道を南に下ったところにあります。

二子裏の池(東中山1丁目)
国道14号沿いの東中山児童公園から少し西へ行ったところにある池。

二子藤の池(東中山1丁目)

多聞寺の国道14号をはさんだ向い側にある池。

以上は国道14号沿いにある湧水池です。

このほか国道14号の北側にゲエロの池(印内1丁目)、葛羅の井(西船6丁目)があります。

船橋市は、環境にやさしいまちづくりのモデル事業として、これらの池の整備に取り組んでおり、保存会や町内会、神社などが維持管理にあたっています。

都市化によって姿を消した湧水池もあったようで、西船5丁目にある勝間田公園はもとは勝間田の池といい、葛飾川の谷の出口にあった湧水池だったそうです。
ちなみにこの葛飾川は現在では暗渠化しています。

【このあたりに湧水が多い理由です】

湧水とは地下から湧き出した水のことですが、どこからでも湧き出すわけではありません。
湧水はほとんどの場合、台地の周縁に沿って湧き出します。

湧水があるためには、以下の条件が必要だからです。

・雨水が台地の地面にしみ込むこと。
・しみ込んだ雨水が地下水として地中に貯えられること。
・地下水が地表に現れるための出口があること。

船橋は市の北部に台地が広がっていて、ちょうど西船の辺りが台地の辺縁にあたるようです。

と、ここまで読んできて、台地の都市化が進んだ今でも、きちんと水が湧いているのか疑問に思いませんでしたか?私は疑問でした。

地元の史跡に詳しい人の話では、「少しかもしれないが水は湧いているのだろうと思う。例えば(葛飾湧水群の一つ)ゲエロの池はとても小さいのに日照りが続いても水が枯れないから。」ということでした。

参考:宮原武夫 船橋の歴史散歩
   船橋市観光協会
   市立市川自然博物館 市川自然博物館だより 12・1月号  1998年1月10日発行

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。