あっ、意図しないApacheが動いている!!

私の事務所もウェブページをインターネットに公開していますが、その作成には必要に応じてローカル環境を用いています。

ローカル環境でウェブページを作成するにあたっては、Apacheのお世話になっています。

ここで、いつも気を付けていることがあります。それはApacheを起動するときは必ずLANケーブルを抜くということです。

何を心配しているかというと、ウイルスによるHTTPサーバの攻撃です。Apacheが堅牢であることは承知していますし、セキュリティ対策も相応に実施していますが、心配なものは心配なのです。

もちろん本番サーバもこの危険にさらされているのですが、ローカル環境はインターネットから見えている必要はないので、少しでも心配の種を減らそうと、物理的に遮断している訳です。

さて今回、どこで意図しないApacheが動いていたかと言うと。

それは、InstantWordPressです。

「InstantWordPressって便利かも」と思って、お試しで導入してみたところ、ウェブブラウザが起動し、LocalhostでWordPressのログイン画面が表示されたので、「あれれ?」と思った訳です。

タスクマネージャを確認したら、「Apache HTTP Server」のプロセスがありましたので、即座にLANケーブルを抜きました。

(セキュリティの教科書的に言えば、先にLANケーブルを抜いて、次にタスクマネージャの確認、という順序が正解だったかも知れません)

Apacheの話は以上にして、InstantWordPressの印象です。まだ、チョット触っただけですが。。。

InstantWordPressはUSBメモリスティク1本で運用できる模様で、どこに行ってもそこにパソコンがあればウェブページの作成作業が可能になりそうです。これは、たいへん有り難いことだと思います。

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。