電力小売の全面自由化に関する説明会に行ってきました

一般によく知られているのかどうか分からないのですが、平成28年4月から電力小売が全面自由化になります。

弊事務所のある千葉県市川市の場合であれば、各家庭は東京電力から電気を買っていますが、今後は東京電力以外の電力小売会社から買うこともできる、ということになります(もちろん、従来通りに東京電力から買い続けることもできます)。

ピンと来ない方は、携帯電話会社のauのテレビコマーシャルで、雷さまに扮した鬼ちゃんが太鼓を叩きながら「副業っす。」と言っているのを見ていただければと思います。

さて、私がこの説明会に参加した目的は2つでした。

  1. 行政書士として、電力小売会社の登録申請手続きに関わる機会に恵まれた場合に備える。
  2. 電力小売自由化とはそもそも何であるか、何が変わるのか正しく理解する。

目的1については、説明会では特に触れられませんでしたので、帰ってから調べました。
小売電気事業の登録要件は、ひらたく言うと、以下の3つの見込みがあることです。

  1. 最大需要電力に対応できる供給能力確保の見込み
  2. 小売電気事業を遂行できる見込み
  3. 苦情処理の体制整備の見込み

自前の発電所を保有していなくても、他の発電所から電気を仕入れることで、小売電気事業の登録を受けられます。
すでに全国で200社弱が登録を受けています。

目的2については、十分に勉強できたと思います。
ポイントをいくつか紹介すると、

  • 発電から各家庭に電気が届くまでをイメージとして言うと、小売事業者が発電事業者から電気を仕入れて各家庭に売り、商品である電気のお届けは送配電事業者が担当する。
  • 電気の購入先を選ぶ場合は、国の登録を受けた事業者であるか(または代理店等であるか)、契約内容、停電などの場合の連絡先、などを確認すること。
  • 悪質な事業者がいた場合は、経済産業省電力取引監視等委員会に相談すること。

平成28年2月10日、千葉県消費者センターおける説明会で、講師は経済産業省電力取引監視等委員会のメンバーの方でした。

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。