平成27年度「消費者フォーラムin千葉」に行ってきました|再生可能エネルギー・詐欺被害防止

以前の投稿で書いた消費者フォーラムin千葉に行ってきました。会場は千葉文化センターで、空席はほとんどない盛況ぶりでした。

第1部は、基調講演「再生可能エネルギーを育てる地域社会を目指して」でした。

大まかに紹介すると、現在のエネルギー政策⇒再生可能エネルギーの現状⇒地域主導の再生可能エネルギー導入、と話が進んだように思います。少々歯切れが悪いのは、全体的に私には難しかったからです。

ひとつ「なるほど」と思ったのは、「温暖化、温暖化」と言いながら気温の低い年があることについて、「温暖化で極地の氷が溶けて、閉じ込められていた冷たい空気が流れ出した」ので気温が下がった、という説明です。

第2部は、県民提案事業の事例発表です。
NPO法人いちかわ市民文化ネットワークによる消費者啓発“出前劇団”「コントdeげき隊」では、詐欺等の被害を防止するため、詐欺等の手口と対策(注意点)がコントで紹介されていました。

コントの一例ですが、送り付け商法では、悪徳業者が市民に対して、ありもしない注文につき「注文を受けた。商品を送る。」と言って商品を送りつける手口と対策を紹介していました。

対策は、以下のように説明されていました。

  1. 「注文を受けた。」という電話があったときに、「注文していない。送らないで。」と言う。
  2. 商品送付に同意していないのに送ってきたら、送り返すor14日間保存した後に廃棄する。
  3. 「注文を受けた。」という電話があったときに、もし商品送付に同意してしまったら、クーリンオフをする。

これらの講演(公演)の他、「特殊詐欺」「振り込め詐欺」に代わる広告用の名称募集の案内がありました。募集は平成27年6月24日までで、応募資格は千葉県にお住まいの方。優秀作品には記念品もあるようなので、自分でも何か思いついたら応募するかもしれません。

閉会して帰ろうとした時に、以前の投稿に書いた船橋での消費生活基礎講座に参加されていた方に再会できました。帰りを急いでいたので少し挨拶しただけでしたが、嬉しかったです。

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。