市川市内、真間川(境川)の桜が本日満開になりました|2015年3月31日記す

[今日の様子]
P33105626972

写真は鬼越駅近くの京成電鉄の踏切付近から南側を見たときの風景です。
道が手前から向こうへ下っているせいで、少し画面に変化が出て良い雰囲気に写っていると、自分では思うのですがどうでしょうか?

ここへは午後の2時ごろに行ったのですが、今日がたぶん満開だと思います。
桜のトンネルが延々と続いていて見事でした。

10年前に行ったときは日曜日だったからなのか、屋台が出ていたのですが、今日は見当たらず、静かに桜の花を楽しんできました。

ど根性桜を見つけました。
P33105647071

[ミニ歴史]
ところで、この川沿いの桜並木、実は30年前に一度伐採されているのです。
この付近は昔から水害が非常に多かったので、川幅を広げて護岸をコンクリートで固める工事が行われたのです。
桜並木もなくなる予定でしたが、「真間川の桜並木を守る市民の会」の人達のおかげで、新しく桜の木が植えられて今の風景になったのです。(一部元のまま保存された場所もあります)。今ほど自然保護についての関心が高くない時代に、桜並木を残してくれた行政の人達にも感謝ですね。

[境川]
タイトルの境川についてです。この川は地図上の表記では「真間川」ですが、古くからの地元の人は「境川」と呼びます。理由は分かりません。真間川に架かる国道14号の橋を「境橋」というのですが、何か関係があるのでしょうか?

[真間川の河口は二つ]
真間川は江戸川との合流点(真間川の河口になります)から東に約2キロのところでY字型に分岐します。分岐点から北側(左側)へ向かう流れを国分川といい、南側(右側)へ向かう流れが境川と呼ばれます。

そして(ここからが大事)、この真間川(境川)は東京湾に注ぎます。そう、真間川は流れて行く先が二か所あるのです。
河川は、下流に向かって右を右岸、左を左岸と呼ぶのですが、この場合はどう呼ぶのでしょうね?

【注目!!】「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」義務化 飲食店さま、小規模食品事業者さまは、迷わずクリック!!法律が施行されて慌てないために
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。