日本語のコロケーション辞典として使えます|三省堂の「てにをは辞典」を買いました

書名は「てにをは辞典」ですが、内容は日本語のコロケーション辞典です。

たとえば、「所作がなっていない」などというときの「所作」。下に単語を続けるとしたらどんな語がふさわしいのでしょうか?(「所作する?ちょっとちがうなあ・・・」というとき)。
この辞典を見ると「所作を演じる」という語が載っています。

慨嘆をする」と書いてみたものの、違和感を持ったら?
辞典では「慨嘆をもらす」または「慨嘆する」という使い方になっています。

言葉探しにも使えます。
たとえば「世界を歩き回る」をもう少し格好よく表現したいとき。この辞典で「世界」を引いてみると。
さまよう
駆け巡る
飛び回る
渡り歩く
股にかける
家とする(なんか、すごいですね)
といった語を見つけることができます。
他にも「世界を」に続く語として
味わい尽くす(いったいどんな文脈で使われたのでしょうか?)
超克する(どんな文脈で・・・以下同じ)
展開する(同上)
などが記載されています。(これら以外にも、もっとたくさんあります。)

結合語の例は、近現代の大衆小説・時代小説・純文学・評論などから採集されたものです。

収められた語は約60万例。作家数は250名以上。編者である小内一さんが一人で20年かけて集めたそうです。

巻末に結合語例を採集した主な書籍が載っています。
旧いところだと永井荷風、島崎藤村、田山花袋から太宰治、川端康成を経て、林真理子、宮部みゆき、山田詠美あたりまで。

この辞典の活用例が巻頭で紹介されています。

1.言葉をさがす
☆ぴったりの言葉や表現をさがす
・あとに続く言葉をさがす
・形容詞・副詞など、修飾する語をさがす
☆忘れた言葉を思い出す
☆似た言葉をさがす
2.言葉の使い方を確かめる
☆表現に違和感を覚えたとき
☆否定形で使うのか、肯定形で使うのか
☆相性の合う言葉かどうかを確かめる
3.言葉を楽しむ
☆さまざまな情景を思い浮かべる
☆頭の体操
☆連想やイメージを広げる

もともとは類語辞典を探していてこの辞典を見つけたのですが、類語辞典よりも役に立つ場面が多そうな気がしてこちらを買いました。
パラパラとめくって見ているだけでも楽しいです。
税抜き価格¥3,800円は決して高くないです。

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。