著作権とは具体的にどんな権利なのか

著作権の意味。誰が誰に対してどんな権利を持っているのか、具体的にどんなことなのか解りにくいですね。

とりあえず、著作権法第22条の「上演権および演奏権」の条文をみてみましょう。

第22条 著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

注目ワードは「権利を専有する」です。

もしも、あなたの趣味がギターで、新しいギター曲を作曲した場合には、その曲はあなた(=作曲者=著作者)だけが公衆の前で演奏し、お金をもらう権利を持っているのです。

そして、他の誰かがその曲をあなたに無断で公衆の前で演奏し、お金をもらっているのを見つけたら、あなたはそれを禁止する権利を持っているということでもあるのです。

この場合、あなたに出来ることは禁止だけではありません。使用料を取って他の人にその曲を使わせたり、著作権そのものを売ったりもできます。

あなたの作った楽曲を(営利目的で)演奏したい人は、あなたから許可をもらわなければならないのです。

このように、著作権とは著作物の利用についての排他的、独占的な権利のことなのです。

だだし、この権利は場合によっては、制限されることがあります。
慈善コンサートなど、営利目的でない場合や、家庭で個人的に演奏して楽しむときなどはこの権利は及びません。演奏者はあなたに許可を取ることなく、自由に演奏できます。

【お知らせ】千葉県でのNPO法人設立なら、ここをクリックしてください。たかはし行政書士事務所には、ノウハウがあります。

【無料プレゼント】「行政書士は何をしてくる人なのか?」という疑問を解決!!きれいで親しみやすい冊子を無料プレゼントしています。
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。