ニッカの余市を飲んでみました|テイスティンググラス使用

1本1500円で売られている短期熟成のものを飲みました。

まず、香りですが、若干のスモーキーフレーバーとともに、甘い香りがしました。この甘い香りは樽から来る香りなのでしょうか。
シェリー樽で熟成したウイスキーは甘い香りがしますが、それに近いような。でもそんなには近くないような。

マッサンがこだわったスモーキーフレーバーは、きちんと付いていました。甘い香りに続いてスモーキーフレーバーが来ます。

ヨード臭は・・・私にはよくわかりませんでした。(たぶんないと思う)

ごく少量を舌の上で転がすと、わずかに塩味を感じました。

度数が強い(43%)からなのか、口の中でピリピリします。でもウォッカなどの強いお酒が好きな人なら気にならないかもしれません。

お酒の味を説明するのって、難しいですね。

とにかく、スコッチウイスキーが好きな人なら、飲んで損はないと思いました。美味しかったです。(でも12年もののマッカランとかと比べたダメですよ。)

値段も手頃。

飲み方は、ストレートでしか飲んでいないので何も書けません。でも、水で割ったらもったいないかもしれません。

ところで、今回は十数年ぶりにウイスキー用のテイスティンググラスを使って飲んでみました。が、いつものショットグラスだとどうなるのか?気になります。

写真左側がテイスティング用グラス。右側は普段使うショットグラス。

P121052232

結果は・・・。
全然違いました。ショットグラスだとアルコール臭がきつい。甘く華やかな香りもちょっとしかしません。

結論。グラスに気を遣えば、この値段でこんなに美味しいウイスキーはないのでは?と思いました。

【注目!!】「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」義務化 飲食店さま、小規模食品事業者さまは、迷わずクリック!!法律が施行されて慌てないために
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。