自由度が高い・設立費用が安い 合同会社について(株式会社との違い)

弊事務所のホームページには、株式会社の設立手続き代行をご案内しているページがあります。

今回は「合同会社」を株式会社との比較で確認しておこうと思います。

会社は、以下のように分類されます。

【会社】
  <株式会社>
  <持分会社>
     ・ 合名会社
     ・ 合資会社
     ・ 合同会社※今回のテーマはコレです。

株式会社では「お金を出す人経営する人(所有と経営の分離)」なので、経営者は株主の意見をきかなければなりません。

持分会社に分類される合同会社は、原則「お金を出す人経営する人」です。ゆえに、経営者は、自分の思う通りに経営ができます。

合同会社にお金を出している人は、株式会社の株主と同じく有限責任であり、事業に失敗した場合でも自分の出したお金を諦めるだけで済み、事業失敗のリスクを軽減できます。このことは、合同会社の英語表記LLC(Limited Liability Company・リミテッド ライアビリティ カンパニー)からも分かります。

設立するときの費用は、合同会社の方が安いです。

株式会社と合同会社とも、定款を作成して、登記をするのは同じですが、費用には以下の違いがあります。

【株式会社】

  • 定款の認証費用(公証人に支払う)・・・5万円
  • 登録免許税(登記の時に発生する)・・・資本金の1000分の7(15万円に満たないときは、申請件数1件につき15万円)←資本金がおよそ2100万円以下なら一律15万円

【合同会社】

  • 定款の認証費用・・・認証手続き不要(ゼロ円
  • 登録免許税・・・資本金の1000分の7(6万円に満たないときは、申請件数1件につき6万円)←資本金がおよそ850万円以下なら一律6万円

仮に資本金を300万円で始めるなら、この比較だけでも20万円vs6万円となり、合同会社の方が14万円安く済みます。

【注目!!】「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」義務化 飲食店さま、小規模食品事業者さまは、迷わずクリック!!法律が施行されて慌てないために
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。