著作権の取得と登録および効果について

以前掲載した著作権登録制度についてもう少し詳しく、かつ簡潔に書いてみました。

● 著作権は、著作物の創作と同時に自動的に発生し、著作権を得るための登録制度はない。
登録しなくても権利はあるということ。
登録制度は、権利を取得するためのものではなく、著作権関係の法律的事実を明らかにするためのもの。

● プログラムの著作物以外は、創作しただけでは登録できない。公表や譲渡といった事実があった場合にのみ登録できる。

● 著作権登録ができるのは次の場合だけである。
[実名の登録]
(概要)
無名または変名で公表された著作物の著作者は、その実名での登録を受けることができる。
(効果)
登録を受けた者が、著作者と推定(*注)される。その結果、著作権の保護期間が著作者の死後50年間となる。(無名または変名で公表された著作物の保護期間は公表から50年間なので、保護期間が延びることになる。)

*注 法律用語で推定とは、覆す証拠がない限り一応その通り取扱うが、それが真実でない証拠が示されれば取扱いを変更する、という意味。

[第一発行年月日等の登録]
(概要)
著作権者または無名もしくは変名で公表された著作物の発行者は、当該著作物が最初に発行または公表された年月日の登録を受けることができる。
(効果)
登録されている日に当該著作物が最初に発行または公表されたと推定される。つまり、著作権の保護期間がはっきりする。

[創作年月日の登録]
(概要)
プログラムの著作物の著作者は、当該プログラムの著作物が創作された年月日の登録を受けることができる。
(効果)
登録されている日に当該プログラムの著作物が創作されたものと推定される。登録されたプログラムが特定されるので権利の譲渡や利用許諾が容易になる。
(注意)
プログラムの著作物の登録申請は創作後、6か月以内に行う必要がある。

[著作権の移転等の登録]
(概要)
著作権の譲渡があったとき、または著作権に質権が設定されたときに登録権利者および登録義務者は著作権の登録を受けることができる。
(効果)
権利の変動について第三者に対抗することができる。(12月10日付の当ブログ文化庁の著作権登録のメリットは?をご覧下さい。)

[出版権の設定等の登録]
(概要)
出版権の設定、移転等、または出版権を目的とする質権の設定等があった場合、登録権利者および登録義務者は出版権の登録を受けることができる。
(効果)
権利の変動について第三者に対抗することができる。(12月10日付の当ブログ文化庁の著作権登録のメリットは?をご覧下さい。)

● プログラムの著作物の登録は一般財団法人ソフトウェア情報センターに、それ以外の著作物の登録は文化庁にたいして行う。

弊事務所では著作権登録申請を代行しております。お気軽にお申し付けください。

【注目!!】「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」義務化 飲食店さま、小規模食品事業者さまは、迷わずクリック!!法律が施行されて慌てないために
この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。