月別アーカイブ: 2017年5月

「第2回フォトロゲinいちかわ」に参加しました

この前の日曜日(5月28日)に「第2回フォトロゲinいちかわ」に参加しました
フォトロゲ(フォトロゲイニング)とは、制限時間内に地図に記されたチェックポイントを回って得点を競うゲームです。チェックポイントでは、主催者から渡された見本と同じ写真を撮って通過証明にします。
オリエンテーリングに似ていますが、違うのはチェックポイントを全部回る必要がないこと、回る順番も決められていないことです。
また、走っても歩いてもよく、今回は電車とバスの利用もOKでした。


主催者から渡される地図です。
赤マルで囲まれた場所の中心にチェックポイントがあります。
数字は得点です。
スタート地点から遠い場所や、探すのが難しい場所ほど高得点です。


主催者から渡されるチェックポイント一覧。この見本通りの写真を撮ります。

ちなみに私はフォトロゲ初参加です。こんな一日でした。

朝9時、スタートおよびゴール地点の千葉商科大学の学食に到着。学生さんたちに笑顔で迎えられ、受付で参加費1500円を払うと、地図、チェックポイント一覧、ルール説明書、得点集計&アンケート用紙などが渡されました。
空いている席に座って、どこをどんな順番で回るか作戦を立てます。
チームや親子、夫婦で参加の人も多くて、ルートについて熱心に議論している方々も。
9時10分からルールや注意事項の説明があり、9時半ごろから準備のできた人から順次スタート。
小さい子供のいる家族連れは歩いて、入賞を狙っていそうなランニングウエアに身を包んだ人たちは走ってスタートです。
私は9時35分に歩いてスタートしました。

まず商科大の近くの芳澤ガーデンギャラリー須和田公園で合計58点ゲット。真間のつぎはしで13点ゲットして南に向かいます。市川真間駅の南の百姓s’cafe、からHaus Von Frau Kurosawaを通ってアイリンクタウンの展望台へ行きます。ここは目立つ建物なのに63点も貰えるのです。はずせません。45階に上がってチェックポイントに指定されたパネルを撮影。
さらに南下して麻生コーヒー店の看板を撮影して40点獲得。64点の大洲防災公園に向かいましたが、ここでチェックポイントの説明版を探すのに時間がかかってしまいました。その後、約2キロ離れたドルチア本八幡店に向かう途中で右足の裏にマメができて歩く速度が上がりません。本八幡に着いたときは予定よりも大分時間が経っていました。
ドルチアからコルトンプラザの近くのおりひめ神社に行く途中では左足の裏にもマメができて痛い痛い。コルトンからサイゼリヤ1号店八幡様の大イチョウ等へ行き、予定ではここから京成線で中山へ行って70点台のポイントを4か所回るつもりでしたが、時間が足りなそう。何よりマメが痛い(多分マメがつぶれている)ので断念して、京成八幡から電車で市川真間に戻りました。
市川真間駅からは、痛む足をかばってゾンビのような歩き方になりながら千葉商科大に向かい制限時間の5分前にゴールしました。最初に考えていたほどは回れなく、あっという間の3時間でした。

ゴール後に得点を集計して係の人に渡すと、引き換えに食事券がもらえました。
得点上位の人はチェックポイントの写真の提示を求められますが、私は511点で写真の提示は求められませんでした。
お昼はチキン南蛮をいただきました。
食事後しばらくすると1位から3位までと、200点台、300点台、400点台のニアピン賞の人の表彰が始まりました。

今回、競技エリアは市川市の北部で、東西約5キロ、南北約6キロの地域に41か所のチェックポイントがあり、全部で2017点になります。優勝した方は1768点で30キロくらい移動したそうです。2位と3位の方は1600点台でした。

この企画は千葉商科大の学生が企画運営したそうです。テーマは市川のグルメとバラの花らしく、バラが見頃の里見公園や須和田公園などがルートに入っていました。私は芳澤ガーデンギャラリーの庭が気に入ったので、今度ゆっくり見に行きたいと思います。

スタートとゴールに使われた学食「The University DINING」は「木漏れ日のような優しい光に包まれた空間」という建築コンセプトそのままの、非常に気持ちのいい場所です。早稲田大学学食研究会のランキング1位だとか。学生以外も利用できるそうです。

この競技、走力はあるに越したことはないと思いますが、市街地なのでそれほど速度は出せません。地図読みが正確だとか、ルート設定が巧みだとかの要素もあるので誰でも楽しめると思いました。

競技も楽しいし(個人的には、ルートを考えるところに戦略性があってそれが面白い)、学食も気に入ったので、次回あったらまた参加したいです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。