月別アーカイブ: 2016年8月

六所神社の謎の石碑たち|市川市・須和田

六所神社は、千葉県市川市須和田2丁目にある、なんの変哲もない小さな神社です。
社殿はあるけれどいつも無人。
参拝している人も見かけない。祭礼もやっているのかどうかわからない。
とにかく、人の気配がないこの神社。(この日は移動交番が来ていましたが)

P8210853260265

よく見てみると、結構面白い。

まず、入り口に「景行天皇勅願所」の銘が入った石碑が立っています。
石碑の台座には「氏子中」と刻まれています。
「氏子中」とは同じ氏神を信仰する仲間のことで、祭礼などは氏子の中から選ばれた人が取りしきるそうです。
今では人の気配のないこの神社でも、氏子の人達の集まりがあったことがわかります。

鳥居をくぐると左手に祠があり、その横に庚申塔などの石碑が全部で14本も立ち並んでいます。

P8210859266270

P8210860267271

P8210861268269

左から順に(字の読める石碑だけ)読んでいくと。
國底立大神・猿田彦大神・浅間神社・阿夫利神社・安永八年亥正月 須和田村講中・天津祖大神・白山姫神社・須和田氏子中 ?(読めない)大明神・月読之神社

祠や庚申信仰(猿田彦大神の石碑)、富士山信仰(浅間神社の石碑)は神道というよりも、民間から出てきた信仰です。

たとえば庚申信仰。これは厳密には教義といえるものはなく、60日ごとに信者が集まって夜通し飲み食いしたり、お経を読んだりするというのが中心の民間信仰です。

左から数えて五つ目に「須和田村講中」と刻まれた石碑がありますが、「講」とは同じ信仰を持つ人々の集まりのこと。「講中」は講を作って神社に詣でたり、祭りに参加したりする集団のこと(「コトバンク」より)です。

さらに右へ四つ目に「須和田氏子中」と刻まれた石碑もあり、やはり氏子の集まりがあったことがわかります。

してみるとこの神社は、昔(「須和田村講中」の碑は江戸時代のもの)須和田の人々の信仰の中心だったのかとも思われるのですが、実は一つ疑問があります。

六所神社はもともと、今の国府台スポーツセンターのあたりにあったのです。今の場所に移されたのは明治19年です。(神社入口の説明版による)

では、この石碑たちはいったい何なのか。神社が移ってくる前は、ここは何だったのか。
石碑も一緒に移ってきたのか。じゃあなぜ須和田村講中なのか。(もとあった場所の地名は国府台です。)
誰か知っていたら教えて欲しいです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。