月別アーカイブ: 2016年7月

市川市JR本八幡駅前のレンタル自習室

私が行政書士試験の勉強をするために通っていたレンタル自習室イーミックスの運営会社有限会社イーミックス様から暑中見舞いを頂戴しました。

この3月に弊事務所はJR本八幡駅南口1分のいちかわ情報プラザに移転しました。有限会社イーミックス様の本社の近くです。

そんな縁もあって、今回はレンタル自習室を利用していたころを思い出し、当時の感謝を込めて、レンタル自習室の良さを記してみたいと思います。

私は平成25年11月の行政書士試験に1度の受験で合格しました。
受験指導校も通信教育も利用せず、レンタル自習室での独学のみです。
同年1月からレンタル自習室を利用し始めたのですが、本格的に通い始めたのは同年4月からで、7ヶ月半集中して勉強し、一発合格を果たすことができました。
勉強する場所がレンタルだったからこそ、集中して勉強できたのだと思います。

つまり、

  • お金を払ってレンタルしているので、自習室に行かなければもったいないという気持ちになる。
  • 自習室に通うため自宅から外出するので、自宅でダラダラということがない。
  • 自習室に着いたら最後、インターネットもテレビもなく、勉強するしかない。

自習室の中は、机が個人ごとに仕切られ、静かで、冷暖房完備。たいへん居心地の良い空間でした。

私が通っていたのはイーミックス様の本八幡店ですが、自習室が入居しているビルの管理人さんにもお世話になりました。

明るく元気なお母さん風の管理人さんで、ビルの通路ですれ違うときはニコニコ挨拶を交わし、時々は世間話もしました。トイレも管理人さんのおかげで、いつも清潔で快適でした。

試験が終わり行政書士事務所を開設して直ぐのころ、偶然管理人さんと再会したのですが、しっかりと私を覚えていて「よくやったね。」という言葉をかけてくれました。

そんなこんなで試験合格できた私としては、イーミックス様に感謝し、勉強場所の確保に困っている方にこのブログエントリを読んでいただきたいと思います。

この自習室は社会人の利用者も大勢いました。
資格取得だけでなく、起業の準備をしているのかな、と思われる方も見受けられました。
最後に自分の宣伝となってしまい恐縮ですが、
そのような方はぜひ弊事務所にご相談ください。あなたの事業を総合的に支援いたします。

emix_banner

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

あっ、意図しないApacheが動いている!!

私の事務所もウェブページをインターネットに公開していますが、その作成には必要に応じてローカル環境を用いています。

ローカル環境でウェブページを作成するにあたっては、Apacheのお世話になっています。

ここで、いつも気を付けていることがあります。それはApacheを起動するときは必ずLANケーブルを抜くということです。

何を心配しているかというと、ウイルスによるHTTPサーバの攻撃です。Apacheが堅牢であることは承知していますし、セキュリティ対策も相応に実施していますが、心配なものは心配なのです。

もちろん本番サーバもこの危険にさらされているのですが、ローカル環境はインターネットから見えている必要はないので、少しでも心配の種を減らそうと、物理的に遮断している訳です。

さて今回、どこで意図しないApacheが動いていたかと言うと。

それは、InstantWordPressです。

「InstantWordPressって便利かも」と思って、お試しで導入してみたところ、ウェブブラウザが起動し、LocalhostでWordPressのログイン画面が表示されたので、「あれれ?」と思った訳です。

タスクマネージャを確認したら、「Apache HTTP Server」のプロセスがありましたので、即座にLANケーブルを抜きました。

(セキュリティの教科書的に言えば、先にLANケーブルを抜いて、次にタスクマネージャの確認、という順序が正解だったかも知れません)

Apacheの話は以上にして、InstantWordPressの印象です。まだ、チョット触っただけですが。。。

InstantWordPressはUSBメモリスティク1本で運用できる模様で、どこに行ってもそこにパソコンがあればウェブページの作成作業が可能になりそうです。これは、たいへん有り難いことだと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

知的財産権制度説明会に行ってきました|船橋商工会議所にて

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権をまとめて知的財産権と呼びます。
知的財産権といえば、「弁理士さんまたは弁護士さんの仕事」というのが一般的な理解だと思います。
しかし行政書士にも知的財産権に関する知識が必要になる場合があります。特許権譲渡契約書作成をするときなどです。

そこで、「平成28年度 知的財産権制度説明会(初心者向け)」に行ってきました。開催場所は船橋商工会議6階ホールで、特許庁の産業財産権専門官の方が講師としてお話しくださいました。

おかげで、ずっと疑問に思っていたことが、ひとつ解決しました。「発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの」ということになっていますが、この自然法則を利用がどのようなことを言っているのか長年分からなかったのでした。

たとえば「リンゴが落ちる」のは自然法則であることに間違いはないと思いますが、「発明」の中に「リンゴが落ちる」を組み込むことが、どうしてもイメージできなかった訳です。

この点について、持ち帰った資料を読んでみると「自然法則とは、自然界において経験的に見出される科学的な法則」と説明されていました。
また、反復により同一結果が得られることが必要である旨の説明もあります。
これらの記述から、小学校や中学校の理科の実験を思い浮かべ、自然法則を利用がどういうことを言っているのかイメージとして捉えることができました。

すなわち。
理科の実験は、同じ条件で試行すれば同じ結果が得られるし、条件を変えて試行すれば結果は変わってきます。実験を繰り返せば、経験的に科学的な法則を見出すことができ、その条件と結果を発明品に利用する、と理解しました。

この他にも「絶対的な支配権」「相対的な支配権」などなど、ナルホドと思える表現で説明が進行し、たいへん面白かったです。

最後に行政書士の業務の宣伝です。
「相対的な支配権」のひとつが「著作権」ですが、「著作権」の文化庁への登録は行政書士の業務です。(特許権、実用新案権、意匠権、商標権は弁理士または弁護士が特許庁に登録します。)
著作権の登録をお考えの方はぜひ弊事務所にご相談ください。
他にも、著作権が関係する契約書、たとえば写真やイラストの制作依頼に関する契約書、講演会の依頼に関する契約書などの依頼も喜んでお受けいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。