月別アーカイブ: 2016年5月

やわたのはちまんさま(葛飾八幡宮)|千葉県市川市

市川市の葛飾八幡宮は、地元では「八幡の八幡様(やわたのはちまんさま)」の名で親しまれています。

本殿
20160509pm250

八幡様はお稲荷様と並んで、日本で最も親しまれている神社ですが、そもそも八幡様とは何なのでしょうか。調べてみました。

【宇佐神宮が総本宮】
宇佐神宮、石清水八幡宮、鶴岡八幡宮が全国的に有名ですが、その中でも宇佐神宮が八幡様発祥の地だそうです。ここから全国各地に分霊されて、現在では2万5千社を超えるそうです。

【ご祭神は応神天皇】
ご祭神は諸説ありますが、応神天皇とするのが一般的だそうです。

【どんな信仰なのか】
八幡様は奈良時代末期に、菩薩信仰と結びついて「八幡大菩薩」の名で広く信仰されていました。
さらに、平安時代末期には阿弥陀如来とも結びついて「衆生済度の神」「極楽往生の神」として民衆の間に広まりました。
その一方、応神天皇の母、神功皇后は、応神天皇を出産した後すぐに新羅との戦いに勝利したという言い伝えがあり、奈良時代から八幡様を武の神とする信仰もありました。
やがて、八幡様が清和天皇の氏神として、京都の石清水八幡宮に勧請されると、清和源氏の子孫(源頼義、頼光、義家など)に敬われるようになりました。
鎌倉幕府をひらいた源頼朝は石清水八幡宮の分霊を鎌倉の鶴岡八幡宮に勧請したので、以来、武士の間で武の神として急速に広まりました。
現在は武の神の性格を引き継いで、勝利祈願、受験合格、出世開運などのご利益があるとされています。

【葛飾八幡宮のご祭神とご由緒】
葛飾八幡宮のご祭神は応神天皇、神功皇后、玉依姫命です。
創建は平安時代で、宇多天皇の勅願により、下総国の総鎮守として京都の石清水八幡宮から勧請したのが始まりだそうです。

【葛飾八幡宮のご利益】
厄除、安産祈願、方位除け、車祓い、身体健全、病気平癒、家内安全、合格祈願、旅行安全などを予約なしで祈祷してもらえるそうです。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。