月別アーカイブ: 2016年1月

「暗渠マニアック!」を読んで市川の用水路跡を探索したくなった

図書館で「暗渠マニアック!」という本を借りました。
吉村生さんと高山英男さんという二人の著者が、暗渠の楽しみ方を伝授してくる本です。

この本では「単なる水路の跡」も暗渠として扱います。地下に水の流れが残っているいないにかかわらず、「もともと川や水路やドブがあった所」を全て暗渠として捉えています。

暗渠と聞いてまず私が思い浮かべるのは、あからさまに溝に蓋をしてある道。
蓋の材質はコンクリートだったり、鉄板だったりいろいろですが、とにかく一目で暗渠とわかります。
この本によればこのタイプの暗渠は「加工度レベル2」だそうです。(レベル1は蓋のない溝です。)
加工度が上がるにつれて、暗渠は道に埋設されたり(レベル3)、緑道や公園など、道以上の付加価値が付けられたり(レベル4)します。

ただし、道や公園になってしまっても、そこにはなんとなく普通の道や公園とは違った違和感が漂うものらしいのです。

なぜなら、もとは川などだった場所を無理やり道にした結果、車道よりも歩道の方が広い、とか、じめっとした場所に児童公園があるとか、家から道に向かって配水管が出ているとか、マンホールが連続して設置されているとか、道が異様に苔むしているとか、ちょっと変わった不自然な風景になるのです。
そんなちょっとだけ変な風景の写真も紹介されていて、街中のヘンな空間が好きな人にはたまらない内容です。

「いずれも共通しているのは、わずかな不自然さのある風景ということであろう。-中略―ふだん何気なく歩いていた道が暗渠だと気づいたとき、あなたの周りの、あなたが捉えている世界がきっとかわるはずだ。」(著者)

道路などが暗渠であるか、かつて水路であったことを示すものとして「暗渠サイン」というものが紹介されています。
橋の欄干や親柱(これらが道に埋まっている)、車止め、銭湯、行政境界などです。(この他にもいくつかあります。)

暗渠の蓋は重量物に弱いので、車は通行止め。水を大量に扱う銭湯(やクリーニング店など)は河川沿いにあることが多いから。川を境目にして行政区を分けることがあるから、だそうです。

このような知識を頭に入れておくと、街歩きが楽しくなりそうです。
さっそくレベル3や4の暗渠を探してみようという気になります。

昔、市川を含む江戸川周辺の地域は水郷地帯だったので、暗渠探しが楽しみです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。