月別アーカイブ: 2015年2月

畑正憲著 「ムツゴロウの無人島記」を読んで

文芸春秋社から1977年に第1刷発行。手もとの本は1981年の第6刷で、なんと文庫本1冊280円。昔は安かった。

著者は、自分が子供のころテレビ番組の動物王国で見ていた畑正憲さんなのだが、とにかく文章が面白い。

まずは冒頭に出てくる「舟長」で、「しゅうちょう」と読むことになっている。
これは、「酋長」にひっかけた読ませ方になっている。
無人島で生活するための船を買って「船長」になったという話だが、畑正憲さんが長となり家族6人で無人島生活をするから、氏族・部族の長である「酋長」にひっかけた、ということだろうか。
そのあたりのことは、同書には説明されていないから分からない。
いずれにせよ、実際にこの本を読めば、「酋長」→「舟長」とつながっていくあたりの面白さは分かると思う。

ところどころ、「あれっ?どういうこと?」と思う場面もあるが、いちいち考えてはいけない本になっている。
文章の面白さに乗じてサラサラと読み進める本だ。著者ご本人も、以下のように言っている。
(人は)少々おかしいところがあっても我慢する義務がある。
※括弧内は、当ブログの筆者が補った。

その一方で、「へぇ~」と思える知識も盛り込まれている。
たとえば、海が時化た場合は、太いロープを船の後尾から海へ流せば、横波を食わない、というのがある。
なるほど、ロープが尻尾になって、船本体が波に対して垂直に向くことは想像できる。
他にも、漁の網を引くときは、ゆっくり引けば、網の目から水が逃げて、チカラは要らない、などなど。

最も印象的だったのは、3日間東京に出た話し。買い物や食事をしている都会人を見て、
おれたちみたいに、一日の大半が遊びで、日曜日があるのを忘れているなんて、これはもう日本では特権階級に属するのだぞ
うん。うらやましい。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。