カテゴリー別アーカイブ: 契約書作成

知的財産権制度説明会に行ってきました|船橋商工会議所にて

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権をまとめて知的財産権と呼びます。
知的財産権といえば、「弁理士さんまたは弁護士さんの仕事」というのが一般的な理解だと思います。
しかし行政書士にも知的財産権に関する知識が必要になる場合があります。特許権譲渡契約書作成をするときなどです。

そこで、「平成28年度 知的財産権制度説明会(初心者向け)」に行ってきました。開催場所は船橋商工会議6階ホールで、特許庁の産業財産権専門官の方が講師としてお話しくださいました。

おかげで、ずっと疑問に思っていたことが、ひとつ解決しました。「発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの」ということになっていますが、この自然法則を利用がどのようなことを言っているのか長年分からなかったのでした。

たとえば「リンゴが落ちる」のは自然法則であることに間違いはないと思いますが、「発明」の中に「リンゴが落ちる」を組み込むことが、どうしてもイメージできなかった訳です。

この点について、持ち帰った資料を読んでみると「自然法則とは、自然界において経験的に見出される科学的な法則」と説明されていました。
また、反復により同一結果が得られることが必要である旨の説明もあります。
これらの記述から、小学校や中学校の理科の実験を思い浮かべ、自然法則を利用がどういうことを言っているのかイメージとして捉えることができました。

すなわち。
理科の実験は、同じ条件で試行すれば同じ結果が得られるし、条件を変えて試行すれば結果は変わってきます。実験を繰り返せば、経験的に科学的な法則を見出すことができ、その条件と結果を発明品に利用する、と理解しました。

この他にも「絶対的な支配権」「相対的な支配権」などなど、ナルホドと思える表現で説明が進行し、たいへん面白かったです。

最後に行政書士の業務の宣伝です。
「相対的な支配権」のひとつが「著作権」ですが、「著作権」の文化庁への登録は行政書士の業務です。(特許権、実用新案権、意匠権、商標権は弁理士または弁護士が特許庁に登録します。)
著作権の登録をお考えの方はぜひ弊事務所にご相談ください。
他にも、著作権が関係する契約書、たとえば写真やイラストの制作依頼に関する契約書、講演会の依頼に関する契約書などの依頼も喜んでお受けいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

契約書作成時の署名と記名押印(捺印)の違い。効力。

  • 署名  自筆で(手書きで)氏名を書くこと。
  • 記名  自筆以外で氏名を書くこと。ゴム印を押したり、ワープロで印刷することなどがこれに当てはまります。

押印捺印はどちらも印判(いんばん=印章。印形。印。)を押すことです。(広辞苑 第3版より)

契約書に署名がある場合は、(くつがえす証拠がない限り)本人の意志で書かれたものと取扱われ、契約書は正しく成立したものとされます。

記名の場合は、ここに印鑑を押すことで署名と同等の効力を持つようになります。

記名+押印(捺印)=署名 です。

署名には押印(捺印)は必ずしも必要というわけではありませんが、日本では通常、署名にも押印(捺印)することになっています。

印鑑は認印でも構いませんが、大切な契約書には実印を押した方が良いでしょう。

ところで印鑑は誰が押しても印影は同じですが、普通、印鑑を他人に貸すようなことはあまりありませんので、押印(捺印)がしてあると(他人が押したとしても、それを証明できない限り)本人が押したものと取扱われてしまいます。怖いですね。

弊事務所では、各種契約書の作成を承っております。お気軽にご連絡ください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。