カテゴリー別アーカイブ: 会社設立

自由度が高い・設立費用が安い 合同会社について(株式会社との違い)

弊事務所のホームページには、株式会社の設立手続き代行をご案内しているページがあります。

今回は「合同会社」を株式会社との比較で確認しておこうと思います。

会社は、以下のように分類されます。

【会社】
  <株式会社>
  <持分会社>
     ・ 合名会社
     ・ 合資会社
     ・ 合同会社※今回のテーマはコレです。

株式会社では「お金を出す人経営する人(所有と経営の分離)」なので、経営者は株主の意見をきかなければなりません。

持分会社に分類される合同会社は、原則「お金を出す人経営する人」です。ゆえに、経営者は、自分の思う通りに経営ができます。

合同会社にお金を出している人は、株式会社の株主と同じく有限責任であり、事業に失敗した場合でも自分の出したお金を諦めるだけで済み、事業失敗のリスクを軽減できます。このことは、合同会社の英語表記LLC(Limited Liability Company・リミテッド ライアビリティ カンパニー)からも分かります。

設立するときの費用は、合同会社の方が安いです。

株式会社と合同会社とも、定款を作成して、登記をするのは同じですが、費用には以下の違いがあります。

【株式会社】

  • 定款の認証費用(公証人に支払う)・・・5万円
  • 登録免許税(登記の時に発生する)・・・資本金の1000分の7(15万円に満たないときは、申請件数1件につき15万円)←資本金がおよそ2100万円以下なら一律15万円

【合同会社】

  • 定款の認証費用・・・認証手続き不要(ゼロ円
  • 登録免許税・・・資本金の1000分の7(6万円に満たないときは、申請件数1件につき6万円)←資本金がおよそ850万円以下なら一律6万円

仮に資本金を300万円で始めるなら、この比較だけでも20万円vs6万円となり、合同会社の方が14万円安く済みます。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

システムエンジニア(SE)の個人事業主で、法人化(会社設立)したい方へ。

つい先日、システムエンジニアである個人事業主が、取引先のソフトウェア会社から法人化(会社設立)を求められた、という話しを聞きました。

今に始まったことではありませんが、ソフトウェア会社は、システムエンジニアの外注先を探すときに、個人事業主を敬遠して、法人を歓迎する場合があります。

その理由のうちの最大のものは、法人は登記があるので「信用度が高い」というものでしょう。

ひらたく言うと、外注先が登記によって何処の誰だかハッキリするので安心だ、ということになります。

また、他の理由として、法人であるがゆえに法律に縛られる事柄も増えるので、デタラメなことはしないだろう・できないだろうと期待できる、というのも挙げられると思います。

さて、元請けソフトウェア会社の要請もあり、法人化(会社設立)したいのだけれど、何をどうすれば良いのか分からないという個人事業主の方。

ぜひ、弊事務所にご相談ください。

弊事務所は、行政書士事務所ですから、当然にあなたの会社設立をサポートすることができます。行政書士業務の範囲外の事柄は、他士業ネットワークを用いて、総合的にあなたをサポートします。

さらに、弊事務所ならではの特徴を2つ挙げます。

  • ソフトウェア会社在籍24年の経験があるので、ソフトウェア業界の業界人として、スムースなやり取りができます。
  • ソフトウェア会社在籍24年のうちの4年は管理部門(経理部)での経験であり、技術職に不足しがちな管理面のお話しをすることができます。

お気軽にお問合せください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。