カテゴリー別アーカイブ: 覚書き

二十世紀梨発祥の地は松戸ではなく千葉県市川市八幡かもしれないというお話|千葉県は梨の産地として有名です

二十世紀梨は、松戸の覚之助という人によって栽培が始まったといわれ、千葉県松戸市二十世紀が丘梨元町には、発祥の地の記念碑まで建っています。

ところが、その二十世紀梨の苗は、市川市八幡で発見されたという興味深い記事を見つけたのでその抜粋を載せました。

昭和34年に市川毎日新聞社から発行された「市川市市制25周年記念 市川の思い出」という本の中に、農業を営む北川善太郎さんという方の話として、載っていた記事です。

八幡の梨のはなし

「八幡の梨は今も有名だが、昔は千葉県で梨の出るところは此処だけだったのですよ。
八幡の梨を初めてつくったのは、今から180年ばかり前、八幡の住人の川上善六という人だが、八幡は梨づくりには最も適した土地だったのですよ。砂地でね。私たちはこの砂地に梨の木を植えましたのが ―中略― 八幡に松の木が多いのも、梨畑の防風林のつもりで植えたのが初めでね、昔は南風が強く吹いたものですが、又そのため梨の木が他所に比べておいしい原因ともなっています。」(P49)

1896年~1909年の八幡の地図。果樹園の記号がたくさんあります。

二十世紀も八幡が発祥地

「一番うまい梨だといわれている二十世紀という梨は、松戸の覚之助という人が、60年程前に栽培して売り出したとされているけど、あの二十世紀は、もとは八幡の稲荷神社の境内に自然に生えた梨なのですよ。松戸の覚之助のお父さんがね、何といったか名前は忘れたが、その人がある年、八幡様の農具市にやってきた時、八幡の親戚の家に遊びに立ち寄った。当時、今の市役所の近くに稲荷神社があってね、その境内に色のかわった梨がなっていた。これを見たその人がね、「これは面白い梨だ」とそのなしの“ボ”をもって帰って、自分の家の梨の木についでみた。そうすると何とウマイ梨が出来てね。息子の覚之助さんの代になってから「二十世紀」という名前を付けて売り出したところ、これが大当たりー略―」(P50)

以上ですがなかなか興味深いです。

現在、二十世紀梨はこの辺ではあまり見かけませんが、九十九里海岸の辺りでは栽培されています。
西日本で栽培が盛んらしく、生産額が一番多いのは鳥取県です。

千葉県内でよく見かけるのは、幸水,豊水などの皮の赤い品種です。
千葉県は栽培面積・収穫量・産出額ともに全国第1位になっています。 

地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)から使用させていただきました。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

京成線の「京成西船駅」が「葛飾駅」だったこと|船橋市西船

現在の京成線西船駅は、昭和62年までは「葛飾」(かつしか)」という駅名でした。大正5年に駅が開設された当時のこの辺りの地名が「葛飾村」だったからです。

【葛飾って東京都の地名ではないのか?】

たしかに寅さんで有名な柴又は葛飾区ですが・・・。
葛飾は万葉集にもみられる古い地名で、現在の東京都、千葉県、埼玉県、茨城県にまたがる地域だったそうです。

それが17世紀頃に、下総国葛飾郡(主に千葉県の辺り)と武蔵国葛飾郡(主に東京、埼玉)に別れ、さらに明治11年に、東葛飾郡、北葛飾郡など幾つかに分かれたそうです。

国道14号沿いの葛飾神社。

葛飾郡の総社として一千年の歴史があるそうです。

【西船駅周辺の地名の大まかな変遷です】

●明治11年、郡区町村編制法施行により、東葛飾郡を設置。
現在の市川市、松戸市、野田市、流山市、浦安市の全域と船橋市、柏市の一部や鎌ヶ谷市、埼玉、茨城の一部までを含んだ部分が東葛飾郡という行政区画になった。

●明治22年、町村制施行。
西海神、山野、印内、古作、寺内、本郷、二子、小栗原の八村が合併して「葛飾村」になる。

●昭和6年「葛飾村」が「葛飾町」になる。

●昭和12年、葛飾町、船橋町、八栄村、法典村、塚田村が合併して「船橋市」になる。

●昭和41~42年、「西船」誕生。
住居表示の変更があり、西船1丁目から西船7丁目が誕生しました。
京成西船駅(旧葛飾駅)の住所は葛飾町2丁目でしたが、昭和42年6月の町名変更で、西船4丁目になりました。

それから20年後の昭和62年。
西船という地名が浸透してきたため、「葛飾駅」も「京成西船駅」と改称されたそうです。

【東葛飾のその後】

平成17年3月28日、東葛飾郡沼南町が柏市に編入されたため、東葛飾郡は消滅しました。

JR総武線西船橋駅の南側には今でも「葛飾町」という町名が残っています。

東葛飾郡(だった場所)の南部は現在でも葛南と呼ばれることがあります。
松戸市の辺りは東葛と呼ばれることがあります。

(ブログを書くにあたって、西船駅上りホームの案内板「葛飾の地名とその由来」及び船橋のホームページを参考にさせていただきました。)

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

電力小売の全面自由化に関する説明会に行ってきました

一般によく知られているのかどうか分からないのですが、平成28年4月から電力小売が全面自由化になります。

弊事務所のある千葉県市川市の場合であれば、各家庭は東京電力から電気を買っていますが、今後は東京電力以外の電力小売会社から買うこともできる、ということになります(もちろん、従来通りに東京電力から買い続けることもできます)。

ピンと来ない方は、携帯電話会社のauのテレビコマーシャルで、雷さまに扮した鬼ちゃんが太鼓を叩きながら「副業っす。」と言っているのを見ていただければと思います。

さて、私がこの説明会に参加した目的は2つでした。

  1. 行政書士として、電力小売会社の登録申請手続きに関わる機会に恵まれた場合に備える。
  2. 電力小売自由化とはそもそも何であるか、何が変わるのか正しく理解する。

目的1については、説明会では特に触れられませんでしたので、帰ってから調べました。
小売電気事業の登録要件は、ひらたく言うと、以下の3つの見込みがあることです。

  1. 最大需要電力に対応できる供給能力確保の見込み
  2. 小売電気事業を遂行できる見込み
  3. 苦情処理の体制整備の見込み

自前の発電所を保有していなくても、他の発電所から電気を仕入れることで、小売電気事業の登録を受けられます。
すでに全国で200社弱が登録を受けています。

目的2については、十分に勉強できたと思います。
ポイントをいくつか紹介すると、

  • 発電から各家庭に電気が届くまでをイメージとして言うと、小売事業者が発電事業者から電気を仕入れて各家庭に売り、商品である電気のお届けは送配電事業者が担当する。
  • 電気の購入先を選ぶ場合は、国の登録を受けた事業者であるか(または代理店等であるか)、契約内容、停電などの場合の連絡先、などを確認すること。
  • 悪質な事業者がいた場合は、経済産業省電力取引監視等委員会に相談すること。

平成28年2月10日、千葉県消費者センターおける説明会で、講師は経済産業省電力取引監視等委員会のメンバーの方でした。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

Windows10がやってきました

7月30日の午前、私のパソコンにWindows10の更新ファイルがやってきました。

アップグレードの「予約」をするとインターネット経由で更新ファイルが提供されることになっているのですが、リリース初日である7月29日には更新ファイルがダウンロードされず、何日も気長に待つのだろうと思っていたところなので、意外な早さに少々嬉しくなりました。

午前10時ごろダウンロードが始まった気配を感じ、進行状況をダウンロード状況表示で確認しました。

2ギガバイト強のファイルをダウンロードし、インストールの完了まで、およそ4時間で、午後2時ごろにはWindows10が使用できる状態になりました。4時間といっても、付きっ切りになる必要はなく、途中で何回かボタンをクリックする等の簡単な操作があるだけでした。

今回アップグレードしたパソコンは、Windows10を導入するための要件をギリギリ備えただけの貧弱なハードウェアなのですが、ソコソコ軽快に動いているように思います。

今日のところは、お試し的にWindows10を動かしてみただけですので、明日から通常通りパソコンを使用し、Windows10を観察しようと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

地理的表示保護制度が始まりました|農林水産業の発展を目指して

昨年6月25日に公布された「特定農林水産物の保護に関する法律(地理的表示法)」が今日、6月1日から施行されます。

地理的表示保護制度とは、品質、社会的評価、その他の特性が産地と結びついている農林水産物と食品に対して、その名称を知的財産として保護するものです。地理的表示とは、産品の特性が地域と結びついた「地域ブランド産品」の名称だそうです。

わかりやすく言うと、その土地固有の気候風土や伝統的製法で作られて「地域ブランド産品」として知られてきた農林水産物を、農林水産省に登録することで国のお墨付きをもらえる制度です。

【ねらいは】

  • 地域ブランドの保護・活用による農山漁村・地域の活性化
  • 伝統的な食文化の継承
  • 消費者の利益の保護
  • 農林水産物・食品の輸出促進

【概要】

  1. 生産者団体が「地理的表示」を「産品の基準」とともに登録申請
  2. 農林水産大臣が審査の上、地理的表示および生産者団体を登録(基準を満たすものに「地理的表示」およびGIマークの使用を認める)
  3. 登録を受けた生産者団体が品質管理を実施。農林水産大臣が団体の品質管理体制をチェック
  4. 不正使用があった場合は農林水産大臣がチェックを行う

【メリット】

  • 産地と結びつた品種について、国のお墨付きが得られる
  • GIマークが使用可能となる
    =>他の産品と差別化できる
    =>買い手は類似の産品のなかから真正品を見分けることができる
  • 地理的表示の不正使用は個々の事業者の代わりに国が取り締まってくれる
    =>生産者側の訴訟手続きなどの負担がない
  • 生産者は登録された団体に加入すれば「地理的表示」を使用できる
    =>「地理的表示」は独占的権利ではなく、地域の共有財産

【登録したら】
登録を受けた生産者団体は、構成員である生産・加工業者が基準に合った生産を行うよう必要な指導、検査を実施します。(外部機関に委託可)

【権利の存続期間】
登録商標と違い、取り消されない限り権利が存続します。よって更新手続はありません。

新聞によると今日の申請受け付けには10以上の団体が名乗りを上げる見通しだそうです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

平成27年度「消費者フォーラムin千葉」に行ってきました|再生可能エネルギー・詐欺被害防止

以前の投稿で書いた消費者フォーラムin千葉に行ってきました。会場は千葉文化センターで、空席はほとんどない盛況ぶりでした。

第1部は、基調講演「再生可能エネルギーを育てる地域社会を目指して」でした。

大まかに紹介すると、現在のエネルギー政策⇒再生可能エネルギーの現状⇒地域主導の再生可能エネルギー導入、と話が進んだように思います。少々歯切れが悪いのは、全体的に私には難しかったからです。

ひとつ「なるほど」と思ったのは、「温暖化、温暖化」と言いながら気温の低い年があることについて、「温暖化で極地の氷が溶けて、閉じ込められていた冷たい空気が流れ出した」ので気温が下がった、という説明です。

第2部は、県民提案事業の事例発表です。
NPO法人いちかわ市民文化ネットワークによる消費者啓発“出前劇団”「コントdeげき隊」では、詐欺等の被害を防止するため、詐欺等の手口と対策(注意点)がコントで紹介されていました。

コントの一例ですが、送り付け商法では、悪徳業者が市民に対して、ありもしない注文につき「注文を受けた。商品を送る。」と言って商品を送りつける手口と対策を紹介していました。

対策は、以下のように説明されていました。

  1. 「注文を受けた。」という電話があったときに、「注文していない。送らないで。」と言う。
  2. 商品送付に同意していないのに送ってきたら、送り返すor14日間保存した後に廃棄する。
  3. 「注文を受けた。」という電話があったときに、もし商品送付に同意してしまったら、クーリンオフをする。

これらの講演(公演)の他、「特殊詐欺」「振り込め詐欺」に代わる広告用の名称募集の案内がありました。募集は平成27年6月24日までで、応募資格は千葉県にお住まいの方。優秀作品には記念品もあるようなので、自分でも何か思いついたら応募するかもしれません。

閉会して帰ろうとした時に、以前の投稿に書いた船橋での消費生活基礎講座に参加されていた方に再会できました。帰りを急いでいたので少し挨拶しただけでしたが、嬉しかったです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

勝手に野鳥を飼育してはいけません|鳥獣保護法のお話

P4040568171172

千葉県の松戸市内でこんな看板を見つけました。
ちなみに、カスミ網とは罠の一種で、細い糸(テグス糸など)を空中に張り巡らして、飛んできた鳥を捕まえるものです。
一度に大量の鳥を捕獲できてしまうので、鳥獣保護の観点から現在では禁止されています。

例外的に研究目的で野鳥を捕まえるために設置されることがあるそうですが、その時は網の近くに目印の旗が立ててあるそうです。
旗は見当たらず、カスミ網が張ってあったら、密猟目的の可能性があるそうです。その時は危ないので一人では近寄らずに、警察などに相談した方がいいということです。
この看板がある場所は住宅地なのですが、密猟があったのでしょうか?

野生の動物や鳥は勝手に捕まえたり、飼育したりしてはいけませんが、法律で狩猟鳥獣として指定されているものは捕獲できます。
ただし、狩猟免許と狩猟者登録が必要です。狩猟できる期間も決められています。
捕獲の事由は特に決められていないので、食用でも愛玩飼養目的でも駆除でもなんでもいいです。(このほかに許可による捕獲もあります。後述)

私たちに身近なスズメやカラスは狩猟鳥獣ですが、狩猟免許を持たない者は勝手に手出しできません。庭に来るメジロやタヌキ(これも狩猟鳥獣)がいくら可愛くても捕まえて飼うことはできません。(ちょっと残念。)

と、ここまで書いて、ある新聞記事を思い出しました。
たしか市川市立動物園だったと思うのですが、あそこではタヌキが飼育されていますね。
動物園の人は、来場者から、「タヌキなんてありふれた動物をなぜ飼育しているのですか?」とたずねられることがあるそうです。(市内には野生のタヌキが住んでいますから。)
動物園の答えは、「ありふれていても、個人で飼育できない動物を展示して生態を知ってもらうことに意義があるのです。」というようなものでした。

「狩猟による捕獲」の他に「許可による捕獲」というのもあります。
こちらは全ての鳥獣が対象です。捕獲の事由は決められていて、有害鳥獣捕獲、学術研究、個体数調整、愛玩飼養、その他。

狩猟鳥獣を指定しておいて、狩猟による捕獲でなくて、許可を得て捕獲するときは、愛玩目的(やその他)なら何を捕まえてもいいのかと少々不思議ですが、去年、環境庁は愛玩目的の捕獲は、密猟を助長するおそれがあるので禁止するとの方向を打ちだしたそうです。

ちなみに千葉県では野鳥の捕獲について、野鳥保護の観点から、愛玩飼養を目的とする許可は行っていないそうです。

鳥獣の保護や狩猟については「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」に定めがあり、違反者には罰金や懲役などが科せられます。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

森のホール21(松戸市文化会館)に行ってきました|平成27年施行の建設業法・経営事項審査

2015年5月27日、千葉県松戸市の森のホール21に行ってきました。近隣には本当に森がありました。催しは小ホールだったのですが、映画館・劇場のような柔らかいイスが快適でした。

さて、その催しですが、千葉県職員の方々による経営事項審査等に関する説明会でした。

題名は「経営事項審査等説明会」でしたが、実際の進行は次の3つでした。
・ 建設業法について
・ 建設業退職金共済制度について
・ 経営事項審査について

私がこの説明会に参加した目的は、経営事項審査について、行政書士としてネタを仕入れるためでした。幸運なことに、建設業法の説明の部分でも、有益なネタを仕入れることができたので、一例を紹介します。

平成27年版千葉県「建設業許可の手引」25頁下段「専任技術者一覧表(様式第一号別紙四)」が、提出書類として追加になっています。その理由は、建設業法の改正趣旨である「個人情報保護」により同頁上段「専任技術者証明書」が閲覧に供されなくなったので、閲覧用に個人情報を除いた一覧表を新規追加した、ということでした。

このような理由の話は、旧版と新版の「建設業許可の手引」を見比べても、なかなか気付けることではありません。私も、言われて初めて、「あぁ、なるほど」と思いました。

例をひとつだけ紹介しましたが、他にも有益な情報を多数メモして帰ってきました。そのメモは、直ちに「建設業許可の手引」の該当箇所に転記して、弊事務所の知識として保存しました。

余談ですが、説明会での私の席のすぐ近くで、「今日の話は、行政書士に言えばいいのかしら?」という会話が聞こえました。

行政書士は、建設業の方のお役に立てるよう、普段から情報・知識を収集しています。現場が忙しく、申請事務等に時間が取りにくい建設業者さまにとっては、行政書士は強い味方だと思います。ぜひ、行政書士にご相談ください。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

風営法(風適法)改正案を読みました|「設備を設けて客に遊興させる」の解釈

現在、国会で審議中の風営法の改正案を読みました。

以前よりニュースで話題になっていた「ダンス営業を風営法の適用外にする」改正がメインです。

ざっくり読んだだけなので、細かい部分まではまだ把握していませんが、大筋で以下のような内容だと思います。

風俗営業の区分の改正
新1号←旧1号(ダンス・接待・飲食)
新1号←旧2号(接待・飲食・遊興)
廃止←旧3号(ダンス・飲食)
廃止←旧4号(ダンス)
新2号←旧5号(低照度)
新3号←旧6号(区画)
新4号←旧7号(パチンコ)
新5号←旧8号(ゲームセンター)

新たに、
特定遊興飲食店営業(接待なし・酒あり飲食させる・設備を設けて遊興させる・午前0時~午前6時にも営業する)が許可制で追加

あと、目についたところでは、
深夜営業の飲食店で「深夜において客に遊興させてはいけない」が削除になっています。
また、深夜の定義が午前0時~午前6時になっています。

さて、この法案が成立すると、その後に政令・公安規則・解釈運用基準が整備されて、細かいことが分かるのだと思いますが、現時点で疑問が1つあります。

それは、「設備を設けて遊興させる」です。

ここで言っている設備とは、主にダンスの設備のことだとは思いますが、たとえば次のような場合はどうなるのでしょうか?

深夜営業している接待のないスナックで、カラオケ装置があるとします。
新法では、深夜営業の飲食店で遊興させることは禁止されていません。
そこでお店側は不特定の客にカラオケで歌うことを勧奨(=「遊興させる」)したとします。
もし、カラオケ装置が「設備を設けて」に該当するとすれば、「特定遊興飲食店営業の許可」が必要になるということでしょうか。

今後の法令等の整備を、注意して見守りたいと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

千葉県・風営法施行条例の改正|幼保連携型認定こども園の保護

平成27年3月20日、千葉県条例第18号で「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例等の一部を改正する条例」が公布されました。

その第1条により、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例(昭和五十九年千葉県条例第三十一号)の第5条第1項が以下のように改正されました。

赤文字が改正により追加された箇所です。

=============================
第五条 法第四条第二項第二号に規定する条例で定める地域は、次の各号に掲げるとおりとする。
一 第一種地域
二 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する学校(同条に規定する大学を除く。)又は児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第七条第一項に規定する保育所若しくは幼保連携型認定こども園の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。次号において同じ。)の周囲百メートル(営業所が第二種地域内にある場合にあつては、七十メートル)以内の地域
三 学校教育法第一条に規定する大学、図書館法(昭和二十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する図書館、児童福祉法第七条第一項に規定する児童福祉施設(同項に規定する保育所及び幼保連携型認定こども園を除く。)又は医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第一条の五第一項に規定する病院若しくは同条第二項に規定する診療所(患者を入院させるための施設を有するものに限る。第十三条において同じ。)の敷地の周囲七十メートル(営業所が第二種地域内にある場合にあつては、五十メートル)以内の地域
=============================

この条例が施行されたら、風俗営業許可を受けようとする場合、幼保連携型認定こども園を保護対象施設として、その存在に気を配ることになります。

実は「幼保連携型認定こども園」が何であるか知らなかったのですが、認定こども園(文部科学省・厚生労働省 幼保連携推進室)に、「認可幼稚園+認可保育所=幼保連携型認定こども園」と説明されていました。

施設の名称は、「○○○こども園」というものが多いように思いますが、一方で「こども園」の文字を使っていない場合もあるようなので、保護対象施設調査の時には注意が必要だと思います。

また、幼保連携型認定こども園には、幼稚園・保育所の地位が残っているように思います。この条例の施行前に、保護対象施設調査で「こども園」を見て、幼稚園・保育所ではないと判断してしまうと事故になるかもしれません。このあたりの取扱いは、よく分からないので、現実に風俗営業許可申請をするときには、行政に問合せてみようと思います。

弊行政書士事務所の近隣でも、習志野市に2施設、柏市に3施設、八千代市に3施設、我孫子市に1施設が存在するようなので、十分に気を付けようと思います。

なお、この条例の施行日は、平成24年法律第67号の施行の日です。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。