カテゴリー別アーカイブ: 日記

市川市JR本八幡駅前のレンタル自習室

私が行政書士試験の勉強をするために通っていたレンタル自習室イーミックスの運営会社有限会社イーミックス様から暑中見舞いを頂戴しました。

この3月に弊事務所はJR本八幡駅南口1分のいちかわ情報プラザに移転しました。有限会社イーミックス様の本社の近くです。

そんな縁もあって、今回はレンタル自習室を利用していたころを思い出し、当時の感謝を込めて、レンタル自習室の良さを記してみたいと思います。

私は平成25年11月の行政書士試験に1度の受験で合格しました。
受験指導校も通信教育も利用せず、レンタル自習室での独学のみです。
同年1月からレンタル自習室を利用し始めたのですが、本格的に通い始めたのは同年4月からで、7ヶ月半集中して勉強し、一発合格を果たすことができました。
勉強する場所がレンタルだったからこそ、集中して勉強できたのだと思います。

つまり、

  • お金を払ってレンタルしているので、自習室に行かなければもったいないという気持ちになる。
  • 自習室に通うため自宅から外出するので、自宅でダラダラということがない。
  • 自習室に着いたら最後、インターネットもテレビもなく、勉強するしかない。

自習室の中は、机が個人ごとに仕切られ、静かで、冷暖房完備。たいへん居心地の良い空間でした。

私が通っていたのはイーミックス様の本八幡店ですが、自習室が入居しているビルの管理人さんにもお世話になりました。

明るく元気なお母さん風の管理人さんで、ビルの通路ですれ違うときはニコニコ挨拶を交わし、時々は世間話もしました。トイレも管理人さんのおかげで、いつも清潔で快適でした。

試験が終わり行政書士事務所を開設して直ぐのころ、偶然管理人さんと再会したのですが、しっかりと私を覚えていて「よくやったね。」という言葉をかけてくれました。

そんなこんなで試験合格できた私としては、イーミックス様に感謝し、勉強場所の確保に困っている方にこのブログエントリを読んでいただきたいと思います。

この自習室は社会人の利用者も大勢いました。
資格取得だけでなく、起業の準備をしているのかな、と思われる方も見受けられました。
最後に自分の宣伝となってしまい恐縮ですが、
そのような方はぜひ弊事務所にご相談ください。あなたの事業を総合的に支援いたします。

emix_banner

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

あっ、意図しないApacheが動いている!!

私の事務所もウェブページをインターネットに公開していますが、その作成には必要に応じてローカル環境を用いています。

ローカル環境でウェブページを作成するにあたっては、Apacheのお世話になっています。

ここで、いつも気を付けていることがあります。それはApacheを起動するときは必ずLANケーブルを抜くということです。

何を心配しているかというと、ウイルスによるHTTPサーバの攻撃です。Apacheが堅牢であることは承知していますし、セキュリティ対策も相応に実施していますが、心配なものは心配なのです。

もちろん本番サーバもこの危険にさらされているのですが、ローカル環境はインターネットから見えている必要はないので、少しでも心配の種を減らそうと、物理的に遮断している訳です。

さて今回、どこで意図しないApacheが動いていたかと言うと。

それは、InstantWordPressです。

「InstantWordPressって便利かも」と思って、お試しで導入してみたところ、ウェブブラウザが起動し、LocalhostでWordPressのログイン画面が表示されたので、「あれれ?」と思った訳です。

タスクマネージャを確認したら、「Apache HTTP Server」のプロセスがありましたので、即座にLANケーブルを抜きました。

(セキュリティの教科書的に言えば、先にLANケーブルを抜いて、次にタスクマネージャの確認、という順序が正解だったかも知れません)

Apacheの話は以上にして、InstantWordPressの印象です。まだ、チョット触っただけですが。。。

InstantWordPressはUSBメモリスティク1本で運用できる模様で、どこに行ってもそこにパソコンがあればウェブページの作成作業が可能になりそうです。これは、たいへん有り難いことだと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

知的財産権制度説明会に行ってきました|船橋商工会議所にて

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権をまとめて知的財産権と呼びます。
知的財産権といえば、「弁理士さんまたは弁護士さんの仕事」というのが一般的な理解だと思います。
しかし行政書士にも知的財産権に関する知識が必要になる場合があります。特許権譲渡契約書作成をするときなどです。

そこで、「平成28年度 知的財産権制度説明会(初心者向け)」に行ってきました。開催場所は船橋商工会議6階ホールで、特許庁の産業財産権専門官の方が講師としてお話しくださいました。

おかげで、ずっと疑問に思っていたことが、ひとつ解決しました。「発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの」ということになっていますが、この自然法則を利用がどのようなことを言っているのか長年分からなかったのでした。

たとえば「リンゴが落ちる」のは自然法則であることに間違いはないと思いますが、「発明」の中に「リンゴが落ちる」を組み込むことが、どうしてもイメージできなかった訳です。

この点について、持ち帰った資料を読んでみると「自然法則とは、自然界において経験的に見出される科学的な法則」と説明されていました。
また、反復により同一結果が得られることが必要である旨の説明もあります。
これらの記述から、小学校や中学校の理科の実験を思い浮かべ、自然法則を利用がどういうことを言っているのかイメージとして捉えることができました。

すなわち。
理科の実験は、同じ条件で試行すれば同じ結果が得られるし、条件を変えて試行すれば結果は変わってきます。実験を繰り返せば、経験的に科学的な法則を見出すことができ、その条件と結果を発明品に利用する、と理解しました。

この他にも「絶対的な支配権」「相対的な支配権」などなど、ナルホドと思える表現で説明が進行し、たいへん面白かったです。

最後に行政書士の業務の宣伝です。
「相対的な支配権」のひとつが「著作権」ですが、「著作権」の文化庁への登録は行政書士の業務です。(特許権、実用新案権、意匠権、商標権は弁理士または弁護士が特許庁に登録します。)
著作権の登録をお考えの方はぜひ弊事務所にご相談ください。
他にも、著作権が関係する契約書、たとえば写真やイラストの制作依頼に関する契約書、講演会の依頼に関する契約書などの依頼も喜んでお受けいたします。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川のブックオフ・スーパーバザー|古本・古着・中古スキー、スノボ・中古ギターなど

6月2日、千葉県市川市鬼高3丁目のショップス2階にブックオフが開店したのでさっそく見に行きました。
P6020813251252

こちらのブックオフは古本以外にも色々な物が揃っていました。

【例えばこんなもの】
乳母車(9,000円台から)
赤ちゃんと一緒にジョギングできるバギータイプの乳母車は27,000円台

【楽器もありました】
クラシックギターが4,000円くらいから、上は50,000円台まで
エレキギターとアンプ類
ヤマハのクラリネット・プロモデルが49,800円
ヤマハのフルート(キズ、へこみあり)が22,800円
電子ドラムが19,800円

【スポーツ用品も】
スキー板とスノーボード
サーフボードとウエットスーツ
ゴルフクラブ

【趣味のもの】
釣り竿
フィギュア(ワンピースが多かったが、3万円もするプレデターのフィギュアもあった)
ミニカー
鉄道模型
ミニコンポ(1万円以下のもの多数)

【日用品】
古着(子供服多し。年齢別、身長別にキチンと分類して展示。試着室もある。)
靴やカバン、食器類

【その他】
応接セット
宝飾品やブランドバッグ
他にもいろいろ。

【肝心の本は】
文庫本・児童書・ムック類・マンガ本(文庫版マンガも)が多い
専門書などお堅い本は少ない
新書本ブームなのに新書は一冊もなかった

【本の並べ方】
文庫は、作家別のコーナー、出版社別のコーナー、値段別のコーナーと3種類の並べ方が混じっている。
値段別のコーナーでもその中で作家別に分かれているのでとても探しやすい。
文庫以外の本でもジャンル別コーナーと値段別コーナーがある。
値段別コーナーがさらにジャンル別になっているのは文庫本と同じ。
私は作家別のコーナーで見つけた本が少しばかり高かったので、値段別のコーナーで探し直して108円で購入しました。

【感想】
とても大きな店舗で店員さんが50人くらいいる感じでしたが、どの方もテキパキしていて感じが良かったです。
古本屋としては、正直、もう少し本が多ければ、と思いました。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川市・本八幡駅前のゴールドジムにはサンドバッグとケトルベルがある!

ゴールドジムが、2月末JR本八幡駅前の商業ビル「パティオ」の8階にオープンします。
2月23日から3日間、内覧会&入会受け付中でしたので、見に行きました。

ボールペンを貰いました。三菱のジェットストリームにゴールドジムのロゴが付いています。
P2240768244246

以下、見て来たことなどを。

筋力トレーニングが中心のジムなので、トレッドミルなどの有酸素系マシンは数が少ない。(これは私個人の感想ではなく、案内してくれたジムの人が言っていました。)

プールや大きなお風呂はない。(その分筋トレマシンがたくさん置いてあるそうです。)
女性用のシャワールームを見たのですが、(筆者は女性です)シャワーブースがあるだけ。(多分7~8室くらい)
ボディソープやシャンプーなどのアメニティ―は完備されています。ドライヤーを置いてくれるのかどうかは聞き忘れました。

シャワールームにサウナがある。しかし、5~6人くらいしか入れない。
もっとも、ジムの人の説明では、ゴールドジムは一般的に女性客が少ないので、サウナが満室になることは少ないだろうということでした。(本八幡店はどうなるかわかりませんと前置きはしていましたが。)

ひとつの部位を鍛えるためのマシンが2~3種類ある。とにかくマシンの数が多いので、順番待ちが大変ということは少ないそうです。

フリーウエイトが充実。
セーフティーバー付のベンチプレス台もあるから一人でベンチプレスが出来る。

あと、奥の方にスミスマシンらしきものが3台ほど見えたのですが、私が女性だからか、ジムの人はそっちまで連れて行ってくれませんでした。
フリーウエイトエリアもスルーされそうだったので自分から「見せて」と言いました。

店舗の一角にアジリティーエリアがある
まだ工事中でしたが、ここにサンドバッグ2本とケトルベルを置く予定だそうです。
ケトルベルは4キロから40キロまでを揃える予定だそう。
この情報は本八幡店のチラシにもホームページにも出ていなかったので、実際に行ってみて良かったと思いました。

店内の説明をしてくれたお兄さんの二の腕が驚くほど逞しかった
説得力がありますね。

今なら入会登録料5,000円が無料だそうです。
さて、どうしよう。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

電力小売の全面自由化に関する説明会に行ってきました

一般によく知られているのかどうか分からないのですが、平成28年4月から電力小売が全面自由化になります。

弊事務所のある千葉県市川市の場合であれば、各家庭は東京電力から電気を買っていますが、今後は東京電力以外の電力小売会社から買うこともできる、ということになります(もちろん、従来通りに東京電力から買い続けることもできます)。

ピンと来ない方は、携帯電話会社のauのテレビコマーシャルで、雷さまに扮した鬼ちゃんが太鼓を叩きながら「副業っす。」と言っているのを見ていただければと思います。

さて、私がこの説明会に参加した目的は2つでした。

  1. 行政書士として、電力小売会社の登録申請手続きに関わる機会に恵まれた場合に備える。
  2. 電力小売自由化とはそもそも何であるか、何が変わるのか正しく理解する。

目的1については、説明会では特に触れられませんでしたので、帰ってから調べました。
小売電気事業の登録要件は、ひらたく言うと、以下の3つの見込みがあることです。

  1. 最大需要電力に対応できる供給能力確保の見込み
  2. 小売電気事業を遂行できる見込み
  3. 苦情処理の体制整備の見込み

自前の発電所を保有していなくても、他の発電所から電気を仕入れることで、小売電気事業の登録を受けられます。
すでに全国で200社弱が登録を受けています。

目的2については、十分に勉強できたと思います。
ポイントをいくつか紹介すると、

  • 発電から各家庭に電気が届くまでをイメージとして言うと、小売事業者が発電事業者から電気を仕入れて各家庭に売り、商品である電気のお届けは送配電事業者が担当する。
  • 電気の購入先を選ぶ場合は、国の登録を受けた事業者であるか(または代理店等であるか)、契約内容、停電などの場合の連絡先、などを確認すること。
  • 悪質な事業者がいた場合は、経済産業省電力取引監視等委員会に相談すること。

平成28年2月10日、千葉県消費者センターおける説明会で、講師は経済産業省電力取引監視等委員会のメンバーの方でした。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

中山法華経寺の豆まき|2016年のゲストは誰?

【追記】2月3日
ゲストの名前がわかりました。
豆まきは本日2月3日、午後1時と3時の2回あります。

P2030742242243

追記おわり

昨年、このブログで市川市内の豆まきについて書いたところ、法華経寺の豆まきのゲストを知りたい方々から検索していただき、思いもよらないアクセス数になりました。

が、当初のブログにはゲストの具体的な名前は載せておらず(ブログを書いた時点では、発表されていませんでした)、豆まき当日の朝、あわててゲストの名前を確認し、追記という形でブログに載せることができました。

今年はきちんと書こうと思って、昨日中山に行ってみましたが、豆まきに関する看板が全く見当たりません。
なぜか、ひな祭りのお知らせの看板が立っていました。

このままでいるのもなんとなく落ち着かず、もう一度、2月3日の朝に法華経寺に行ってみるつもりです。

ゲストの名前がわかりましたら、今年も追記としてこのページにアップしたいと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

「暗渠マニアック!」を読んで市川の用水路跡を探索したくなった

図書館で「暗渠マニアック!」という本を借りました。
吉村生さんと高山英男さんという二人の著者が、暗渠の楽しみ方を伝授してくる本です。

この本では「単なる水路の跡」も暗渠として扱います。地下に水の流れが残っているいないにかかわらず、「もともと川や水路やドブがあった所」を全て暗渠として捉えています。

暗渠と聞いてまず私が思い浮かべるのは、あからさまに溝に蓋をしてある道。
蓋の材質はコンクリートだったり、鉄板だったりいろいろですが、とにかく一目で暗渠とわかります。
この本によればこのタイプの暗渠は「加工度レベル2」だそうです。(レベル1は蓋のない溝です。)
加工度が上がるにつれて、暗渠は道に埋設されたり(レベル3)、緑道や公園など、道以上の付加価値が付けられたり(レベル4)します。

ただし、道や公園になってしまっても、そこにはなんとなく普通の道や公園とは違った違和感が漂うものらしいのです。

なぜなら、もとは川などだった場所を無理やり道にした結果、車道よりも歩道の方が広い、とか、じめっとした場所に児童公園があるとか、家から道に向かって配水管が出ているとか、マンホールが連続して設置されているとか、道が異様に苔むしているとか、ちょっと変わった不自然な風景になるのです。
そんなちょっとだけ変な風景の写真も紹介されていて、街中のヘンな空間が好きな人にはたまらない内容です。

「いずれも共通しているのは、わずかな不自然さのある風景ということであろう。-中略―ふだん何気なく歩いていた道が暗渠だと気づいたとき、あなたの周りの、あなたが捉えている世界がきっとかわるはずだ。」(著者)

道路などが暗渠であるか、かつて水路であったことを示すものとして「暗渠サイン」というものが紹介されています。
橋の欄干や親柱(これらが道に埋まっている)、車止め、銭湯、行政境界などです。(この他にもいくつかあります。)

暗渠の蓋は重量物に弱いので、車は通行止め。水を大量に扱う銭湯(やクリーニング店など)は河川沿いにあることが多いから。川を境目にして行政区を分けることがあるから、だそうです。

このような知識を頭に入れておくと、街歩きが楽しくなりそうです。
さっそくレベル3や4の暗渠を探してみようという気になります。

昔、市川を含む江戸川周辺の地域は水郷地帯だったので、暗渠探しが楽しみです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

千葉市・京葉銀行文化プラザに「金融・経済講演会」を聞きに行きました

先週金曜日に行ってきました。
テーマは「こんなに違う!日米のお金のとらえ方」
講演してくれるのは、お笑いコンビの「パックンマックン」。
それ誰?と思いましたが、テレビでよく見る米国人タレントのパックンに日本人の相方がいたのです。もう結成して19年だそうです。

テーマの「日米のお金のとらえ方」は特に目新しい話題はなく、大体こんな話。

アメリカ人は子供がお手伝いをしたら、お小遣いをあげる。
日本人は子供が生きているだけで(ここはパックンの表現)お小遣いをあげる。
ただ、最近ではアメリカでも日本式に、生きているだけでお小遣いをあげて、その中でいろいろなやりくりをさせて、お金の使い方を身に付けさせるやり方が増えている。

日本人は大きな買い物をしようとしたら、コツコツコツコツお金を貯める。日本には「チリも積もれば山となる」ということわざがある。
アメリカ人は貯めたお金をもとにして、さらに投資などで増やす。アメリカにはgrow your moneyという言葉があって投資は身近なもの。

アメリカ人は子供のクリスマスプレゼントに株券を送ることがある。(経済や世の中の仕組みに興味持たせるため)

これには反感を持つ日本人もいそうですが、株を持つと経済ニュースが急に面白くなるという効用があるのは事実。

最後に「投資をするときは、怪しい話に気を付けましょう。」と締めくくられ、金融に限らず悪質な業者に困ったときは「消費者ホットライン188番(いやや)」に電話しましょうというお話で終了しました。

講演時間は90分。
上記のような話題を間に挟みながらの漫才をたっぷり見せて頂きました。
面白かったです(特に漫才の部分が。パックンってボケなんですね。)それに無料だったのが嬉しい。

前座に「NPO法人いちかわ市民文化ネットワーク」の消費者啓発劇団「コントdeげき隊」による寸劇もありました。
高齢者を狙った詐欺の手口をコントにしてあって、こちらも面白かったです。

主催は千葉県金融広報委員会。
県民一人ひとりが自立し、安定した生活を送ることができるよう「金融経済情報の提供、金融経済学習の支援」を中心に活動している団体だそうです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

食品衛生責任者の養成講習会に行ってきました|市川市

行政書士として飲食店営業許可申請手続きを取り扱っているので、食品衛生法第50条第2項と千葉県食品衛生法施行条例第2条第1項の食品衛生責任者の養成講習会を体験してきました。

まずは、養成講習会の申込みから。
市川市で受講する場合は、市川保健所の中にある食品衛生協会が窓口です。窓口は、市川保健所建物の2階の事務室に入り、左奥にあります。保健所2階フロアを探しても見つからないので、まず事務室に入り、それから左奥です。
費用は、食品衛生協会のホームページによれば、10,000円ということになっていますが、実際は8,500円でした。
その場で申込書を書いて、費用を支払い、いくつか説明を受けて終わりです。印鑑や写真などは必要ありません。

次に、養成講習会の当日です。
講習会は1日で終了し、朝の受付開始から講習会の終了まで、およそ7時間です。
会場は、市川市文化会館。
テキストは、公益社団法人日本食品衛生協会「新訂 食品衛生責任者 ハンドブック」、2015年4月初版発行。
講習会の進行は3パートからなっていました。

  1. 衛生法規
  2. 講習衛生学
  3. 食品衛生学

講師は、O157が日本に上陸したときに対処に当たったなどの経歴をもつ先生方3名でした。
過去の食品事故を挙げながらの講義の進行で、講師の「食品は人の命を奪う」というフレーズが印象的でした。

話が少々逸れますが、講義の中で「HACCP(ハサップなどと読む)」というものが紹介されていました。私は初めて聞く言葉なのですが、食品の安全性を確保するための衛生管理の考え方だそうです。だれにでも分かる衛生に関するマニュアルの整備と、そのマニュアルに基づいた管理の記録が基本とされています。
もともとはNASA(アメリカ航空宇宙局)で開発されたものだそうですが、まるで会社法や金融商品取引法の内部統制のようだと、興味深く聞いていました。もっとも、内部統制もアメリカから伝わったものですが。

話を元に戻します。
全ての講義が終わると、直ちに「修了証」が交付されます。
これで、食品衛生法第52条の飲食店営業許可を受けるのに必要な「食品衛生責任者設置届」が提出できるようになります。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。