カテゴリー別アーカイブ: 産業廃棄物処理業

ドラム缶の種類&発祥の地(江東区亀戸)

江東区亀戸1丁目、国道14号松代橋交差点の近く、日鐵NDタワー脇の公園にこの様なものが建っています。

P3180791248249

2001年宇宙の旅に出てくるモノリスのようなこれは、ドラム缶発祥の地の記念碑です。

「日本ドラム缶製作所」という会社が日本で初めてドラム缶の商業生産を始め、昭和7年から昭和48年まで、ここに工場があったそうです。(この会社は現在「日鉄住金ドラム株式会社」という社名で存続しています。)

ところで、ドラム缶に種類があるって知っていましたか?

標準のドラム缶として「普通缶」というものがあります。非腐食性の内容物の容器として使用されます。

「内装缶」は「普通缶」の内側に合成樹脂塗料を塗装焼き付けしたものです。耐薬品性が向上し、酸、アルカリ性の内容物の容器として使用されます。

「普通缶」や「内装缶」では不適当な内容物(酢酸、農薬など)の容器として用いられるのが「複合缶」。ドラム缶の中に耐薬品性のポリエチレン容器が納められています。

同じように農薬や酢酸などに使用されるもので「プラスチックドラム」というものもあって、高分子、高密度ポリエチレンで出来たドラム缶です。(缶というイメージではないですね。)

この他に亜鉛メッキ鋼板で出来た「亜鉛缶」やステンレス鋼板で出来た「ステンレス缶」など、用途によって使い分けられるようになっています。

ドラム缶は廃棄物の保管や運搬にも使われます。その場合も廃棄物の種類にあったドラム缶を選ぶことが大切です。

幣事務所には、公益財団法人・日本産業廃棄物処理振興センターによる講習を受けた行政書士が在籍しております。
産業廃棄物収集運搬業の許可申請をお考えの方はお気軽にご連絡ください。産業廃棄物収集運搬業の許可なら、たかはし行政書士事務所

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。