カテゴリー別アーカイブ: 飲食店営業

許可が必要な仕事、許可が要らない仕事

最近、「個人で商売するのに許可が必要な仕事があるのはなぜなの?」をいうご質問を受けたので、ざっくりと説明したいと思います。

雑貨屋さんや、本屋さんを始めるときは、商品を並べるスペースを、借りるか何かして準備したら、あとは商品を並べてお客さんが来るのを待ちますよね。誰かに許可をもらったり、どこかに届け出たりはしませんね。

その一方で、許可や届出が必要な商売があります。

たとえば、不動産屋さんはお店の所在地の知事の免許が必要です。(国土交通大臣免許が必要になる場合もあります。)

建設業者で500万円以上の工事を請け負う人も、本店所在地の知事免許が必要です。(こっちも国土交通大臣の許可が必要な場合があります。)

住宅は大変高価な買い物ですし、建築物はきちんと造らないと危険、ということで、それぞれ信頼のおける業者や、きちんとした技術のある人しかやっちゃいけませんよ、という意味で免許や許可が必要なのだと思います。

建設業法の第1条には「建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護する」という文言があります。
宅建業法の第1条にも「購入者等の利益の保護」という文言があります。

キャバクラを営業する時も、許可が必要です。
こちらはお店のある場所の都道府県公安委員会の許可です。
許可の目的は
「善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止」
「風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進」(どちらも風営法第1条)
です。
風営法のもともとの目的は、売春の防止ですので経営者の履歴のほかに、店内の明るさや見通しのよさがチェックされます。また、学校や福祉施設の近くでは営業できません。

ちなみに、キャバクラを営業するなら、飲食店の営業許可も必要です。飲食物を提供するお店が不衛生だといけませんからね。

ところで、許可をもらうには、様々な要件をクリアしなければいけません。許可の種類よって異なりますが、以下のようなものです。

  • 許可を受けようとする人に十分な技術があるか、犯罪歴はないか、など
  • 営業するために必要なお金を持っているか
  • その営業を、その場所でやってよいか
  • その営業をするのに、十分な設備があるか
  • などなど。

この要件をクリアできなくて、許可を諦めることは、結構あります。なお、要件を満たさず、許可をもらうことができないことが明らかである場合は、許可をもらうための「申請書の提出」を止めておくのが普通です。

最後に、許可の必要な仕事を、もう一つご紹介しておきます。
それは古物商許可。興味のある方が多いようで、頻繁に聞かれます。

古本屋さんや中古ゲームソフト屋さん、古着屋さんなどは古物商許可が必要です。

「新刊書を売る店は許可が要らないのに何で?」と思いますよね。
古物商許可の目的は

「盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため」
「窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資する」(それぞれ古物営業第1条)
なんです。

古物商には法律で、古物を買い取るときには相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認することが義務づけられています。盗品が売りさばかれるのを防ぐためですね。
(ただし買い取り価格が一万円以下の場合は確認不要です。)

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

食品衛生責任者の養成講習会に行ってきました|市川市

行政書士として飲食店営業許可申請手続きを取り扱っているので、食品衛生法第50条第2項と千葉県食品衛生法施行条例第2条第1項の食品衛生責任者の養成講習会を体験してきました。

まずは、養成講習会の申込みから。
市川市で受講する場合は、市川保健所の中にある食品衛生協会が窓口です。窓口は、市川保健所建物の2階の事務室に入り、左奥にあります。保健所2階フロアを探しても見つからないので、まず事務室に入り、それから左奥です。
費用は、食品衛生協会のホームページによれば、10,000円ということになっていますが、実際は8,500円でした。
その場で申込書を書いて、費用を支払い、いくつか説明を受けて終わりです。印鑑や写真などは必要ありません。

次に、養成講習会の当日です。
講習会は1日で終了し、朝の受付開始から講習会の終了まで、およそ7時間です。
会場は、市川市文化会館。
テキストは、公益社団法人日本食品衛生協会「新訂 食品衛生責任者 ハンドブック」、2015年4月初版発行。
講習会の進行は3パートからなっていました。

  1. 衛生法規
  2. 講習衛生学
  3. 食品衛生学

講師は、O157が日本に上陸したときに対処に当たったなどの経歴をもつ先生方3名でした。
過去の食品事故を挙げながらの講義の進行で、講師の「食品は人の命を奪う」というフレーズが印象的でした。

話が少々逸れますが、講義の中で「HACCP(ハサップなどと読む)」というものが紹介されていました。私は初めて聞く言葉なのですが、食品の安全性を確保するための衛生管理の考え方だそうです。だれにでも分かる衛生に関するマニュアルの整備と、そのマニュアルに基づいた管理の記録が基本とされています。
もともとはNASA(アメリカ航空宇宙局)で開発されたものだそうですが、まるで会社法や金融商品取引法の内部統制のようだと、興味深く聞いていました。もっとも、内部統制もアメリカから伝わったものですが。

話を元に戻します。
全ての講義が終わると、直ちに「修了証」が交付されます。
これで、食品衛生法第52条の飲食店営業許可を受けるのに必要な「食品衛生責任者設置届」が提出できるようになります。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

風営法(風適法)改正案を読みました|「設備を設けて客に遊興させる」の解釈

現在、国会で審議中の風営法の改正案を読みました。

以前よりニュースで話題になっていた「ダンス営業を風営法の適用外にする」改正がメインです。

ざっくり読んだだけなので、細かい部分まではまだ把握していませんが、大筋で以下のような内容だと思います。

風俗営業の区分の改正
新1号←旧1号(ダンス・接待・飲食)
新1号←旧2号(接待・飲食・遊興)
廃止←旧3号(ダンス・飲食)
廃止←旧4号(ダンス)
新2号←旧5号(低照度)
新3号←旧6号(区画)
新4号←旧7号(パチンコ)
新5号←旧8号(ゲームセンター)

新たに、
特定遊興飲食店営業(接待なし・酒あり飲食させる・設備を設けて遊興させる・午前0時~午前6時にも営業する)が許可制で追加

あと、目についたところでは、
深夜営業の飲食店で「深夜において客に遊興させてはいけない」が削除になっています。
また、深夜の定義が午前0時~午前6時になっています。

さて、この法案が成立すると、その後に政令・公安規則・解釈運用基準が整備されて、細かいことが分かるのだと思いますが、現時点で疑問が1つあります。

それは、「設備を設けて遊興させる」です。

ここで言っている設備とは、主にダンスの設備のことだとは思いますが、たとえば次のような場合はどうなるのでしょうか?

深夜営業している接待のないスナックで、カラオケ装置があるとします。
新法では、深夜営業の飲食店で遊興させることは禁止されていません。
そこでお店側は不特定の客にカラオケで歌うことを勧奨(=「遊興させる」)したとします。
もし、カラオケ装置が「設備を設けて」に該当するとすれば、「特定遊興飲食店営業の許可」が必要になるということでしょうか。

今後の法令等の整備を、注意して見守りたいと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

千葉県・風営法施行条例の改正|幼保連携型認定こども園の保護

平成27年3月20日、千葉県条例第18号で「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例等の一部を改正する条例」が公布されました。

その第1条により、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例(昭和五十九年千葉県条例第三十一号)の第5条第1項が以下のように改正されました。

赤文字が改正により追加された箇所です。

=============================
第五条 法第四条第二項第二号に規定する条例で定める地域は、次の各号に掲げるとおりとする。
一 第一種地域
二 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する学校(同条に規定する大学を除く。)又は児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第七条第一項に規定する保育所若しくは幼保連携型認定こども園の敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。次号において同じ。)の周囲百メートル(営業所が第二種地域内にある場合にあつては、七十メートル)以内の地域
三 学校教育法第一条に規定する大学、図書館法(昭和二十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する図書館、児童福祉法第七条第一項に規定する児童福祉施設(同項に規定する保育所及び幼保連携型認定こども園を除く。)又は医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第一条の五第一項に規定する病院若しくは同条第二項に規定する診療所(患者を入院させるための施設を有するものに限る。第十三条において同じ。)の敷地の周囲七十メートル(営業所が第二種地域内にある場合にあつては、五十メートル)以内の地域
=============================

この条例が施行されたら、風俗営業許可を受けようとする場合、幼保連携型認定こども園を保護対象施設として、その存在に気を配ることになります。

実は「幼保連携型認定こども園」が何であるか知らなかったのですが、認定こども園(文部科学省・厚生労働省 幼保連携推進室)に、「認可幼稚園+認可保育所=幼保連携型認定こども園」と説明されていました。

施設の名称は、「○○○こども園」というものが多いように思いますが、一方で「こども園」の文字を使っていない場合もあるようなので、保護対象施設調査の時には注意が必要だと思います。

また、幼保連携型認定こども園には、幼稚園・保育所の地位が残っているように思います。この条例の施行前に、保護対象施設調査で「こども園」を見て、幼稚園・保育所ではないと判断してしまうと事故になるかもしれません。このあたりの取扱いは、よく分からないので、現実に風俗営業許可申請をするときには、行政に問合せてみようと思います。

弊行政書士事務所の近隣でも、習志野市に2施設、柏市に3施設、八千代市に3施設、我孫子市に1施設が存在するようなので、十分に気を付けようと思います。

なお、この条例の施行日は、平成24年法律第67号の施行の日です。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

飲食店・喫茶店等を始めたい人へ|営業許可までの流れ(市川市の場合)

1.保健所へ事前相談に行く
食品衛生課へ、お店の図面(厨房を詳しく記載したもの)を持っていきます。お店の工事を予定している人は、工事の前に相談に行きます。

2.申請書類の提出
営業予定日の10日前までには提出しましょう。
食品衛生責任者の届出も提出しておきます。
申請の際には、次のことが確認されます。
●お店に従事する人の検便成績書。
●井戸水を使用する場合には、水質検査成績書。

3.施設検査の打合せ
申請の際、保健所の人と施設の検査の日を打ち合わせます。

4.施設の実地検査
申請者本人が立ち会ってください。
施設が基準に適合しない場合は許可が下りません。その場合は、日を改めて再検査することになります。(施設が基準を満たすようにしてください。申請し直す必要はありません。)

5.営業開始
食品衛生責任者の新規講習を受講したのち、営業許可証が交付されます。

◆食品衛生責任者について

営業者は、従事者の中から食品衛生責任者を定め、保健所に届けます。
営業者本人がなることもできます。
栄養士、調理師、ふぐ処理師、製菓衛生士の免許を持つ人は食品衛生責任者になれます。
それ以外の人は、食品衛生責任者養成講習会を受けてください。
食品衛生責任者票が交付されますので、お店の見やすい場所に掲示してください。

◆食品衛生責任者に変更があったら

前任者の廃止届・責任者票・新任者の設置届を提出します。

◆講習会の問い合わせ、申し込みは市川保健所管内の食品衛生協会で受け付けています。

弊事務所では食品営業許可申請書類の作成を承っております。

申請では営業設備の平面図が必要です。弊事務所ではCADを使用して作成いたします。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。