カテゴリー別アーカイブ: 近隣紹介

六所神社の謎の石碑たち|市川市・須和田

六所神社は、千葉県市川市須和田2丁目にある、なんの変哲もない小さな神社です。
社殿はあるけれどいつも無人。
参拝している人も見かけない。祭礼もやっているのかどうかわからない。
とにかく、人の気配がないこの神社。(この日は移動交番が来ていましたが)

P8210853260265

よく見てみると、結構面白い。

まず、入り口に「景行天皇勅願所」の銘が入った石碑が立っています。
石碑の台座には「氏子中」と刻まれています。
「氏子中」とは同じ氏神を信仰する仲間のことで、祭礼などは氏子の中から選ばれた人が取りしきるそうです。
今では人の気配のないこの神社でも、氏子の人達の集まりがあったことがわかります。

鳥居をくぐると左手に祠があり、その横に庚申塔などの石碑が全部で14本も立ち並んでいます。

P8210859266270

P8210860267271

P8210861268269

左から順に(字の読める石碑だけ)読んでいくと。
國底立大神・猿田彦大神・浅間神社・阿夫利神社・安永八年亥正月 須和田村講中・天津祖大神・白山姫神社・須和田氏子中 ?(読めない)大明神・月読之神社

祠や庚申信仰(猿田彦大神の石碑)、富士山信仰(浅間神社の石碑)は神道というよりも、民間から出てきた信仰です。

たとえば庚申信仰。これは厳密には教義といえるものはなく、60日ごとに信者が集まって夜通し飲み食いしたり、お経を読んだりするというのが中心の民間信仰です。

左から数えて五つ目に「須和田村講中」と刻まれた石碑がありますが、「講」とは同じ信仰を持つ人々の集まりのこと。「講中」は講を作って神社に詣でたり、祭りに参加したりする集団のこと(「コトバンク」より)です。

さらに右へ四つ目に「須和田氏子中」と刻まれた石碑もあり、やはり氏子の集まりがあったことがわかります。

してみるとこの神社は、昔(「須和田村講中」の碑は江戸時代のもの)須和田の人々の信仰の中心だったのかとも思われるのですが、実は一つ疑問があります。

六所神社はもともと、今の国府台スポーツセンターのあたりにあったのです。今の場所に移されたのは明治19年です。(神社入口の説明版による)

では、この石碑たちはいったい何なのか。神社が移ってくる前は、ここは何だったのか。
石碑も一緒に移ってきたのか。じゃあなぜ須和田村講中なのか。(もとあった場所の地名は国府台です。)
誰か知っていたら教えて欲しいです。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川市JR本八幡駅前のレンタル自習室

私が行政書士試験の勉強をするために通っていたレンタル自習室イーミックスの運営会社有限会社イーミックス様から暑中見舞いを頂戴しました。

この3月に弊事務所はJR本八幡駅南口1分のいちかわ情報プラザに移転しました。有限会社イーミックス様の本社の近くです。

そんな縁もあって、今回はレンタル自習室を利用していたころを思い出し、当時の感謝を込めて、レンタル自習室の良さを記してみたいと思います。

私は平成25年11月の行政書士試験に1度の受験で合格しました。
受験指導校も通信教育も利用せず、レンタル自習室での独学のみです。
同年1月からレンタル自習室を利用し始めたのですが、本格的に通い始めたのは同年4月からで、7ヶ月半集中して勉強し、一発合格を果たすことができました。
勉強する場所がレンタルだったからこそ、集中して勉強できたのだと思います。

つまり、

  • お金を払ってレンタルしているので、自習室に行かなければもったいないという気持ちになる。
  • 自習室に通うため自宅から外出するので、自宅でダラダラということがない。
  • 自習室に着いたら最後、インターネットもテレビもなく、勉強するしかない。

自習室の中は、机が個人ごとに仕切られ、静かで、冷暖房完備。たいへん居心地の良い空間でした。

私が通っていたのはイーミックス様の本八幡店ですが、自習室が入居しているビルの管理人さんにもお世話になりました。

明るく元気なお母さん風の管理人さんで、ビルの通路ですれ違うときはニコニコ挨拶を交わし、時々は世間話もしました。トイレも管理人さんのおかげで、いつも清潔で快適でした。

試験が終わり行政書士事務所を開設して直ぐのころ、偶然管理人さんと再会したのですが、しっかりと私を覚えていて「よくやったね。」という言葉をかけてくれました。

そんなこんなで試験合格できた私としては、イーミックス様に感謝し、勉強場所の確保に困っている方にこのブログエントリを読んでいただきたいと思います。

この自習室は社会人の利用者も大勢いました。
資格取得だけでなく、起業の準備をしているのかな、と思われる方も見受けられました。
最後に自分の宣伝となってしまい恐縮ですが、
そのような方はぜひ弊事務所にご相談ください。あなたの事業を総合的に支援いたします。

emix_banner

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川のブックオフ・スーパーバザー|古本・古着・中古スキー、スノボ・中古ギターなど

6月2日、千葉県市川市鬼高3丁目のショップス2階にブックオフが開店したのでさっそく見に行きました。
P6020813251252

こちらのブックオフは古本以外にも色々な物が揃っていました。

【例えばこんなもの】
乳母車(9,000円台から)
赤ちゃんと一緒にジョギングできるバギータイプの乳母車は27,000円台

【楽器もありました】
クラシックギターが4,000円くらいから、上は50,000円台まで
エレキギターとアンプ類
ヤマハのクラリネット・プロモデルが49,800円
ヤマハのフルート(キズ、へこみあり)が22,800円
電子ドラムが19,800円

【スポーツ用品も】
スキー板とスノーボード
サーフボードとウエットスーツ
ゴルフクラブ

【趣味のもの】
釣り竿
フィギュア(ワンピースが多かったが、3万円もするプレデターのフィギュアもあった)
ミニカー
鉄道模型
ミニコンポ(1万円以下のもの多数)

【日用品】
古着(子供服多し。年齢別、身長別にキチンと分類して展示。試着室もある。)
靴やカバン、食器類

【その他】
応接セット
宝飾品やブランドバッグ
他にもいろいろ。

【肝心の本は】
文庫本・児童書・ムック類・マンガ本(文庫版マンガも)が多い
専門書などお堅い本は少ない
新書本ブームなのに新書は一冊もなかった

【本の並べ方】
文庫は、作家別のコーナー、出版社別のコーナー、値段別のコーナーと3種類の並べ方が混じっている。
値段別のコーナーでもその中で作家別に分かれているのでとても探しやすい。
文庫以外の本でもジャンル別コーナーと値段別コーナーがある。
値段別コーナーがさらにジャンル別になっているのは文庫本と同じ。
私は作家別のコーナーで見つけた本が少しばかり高かったので、値段別のコーナーで探し直して108円で購入しました。

【感想】
とても大きな店舗で店員さんが50人くらいいる感じでしたが、どの方もテキパキしていて感じが良かったです。
古本屋としては、正直、もう少し本が多ければ、と思いました。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

やわたのはちまんさま(葛飾八幡宮)|千葉県市川市

市川市の葛飾八幡宮は、地元では「八幡の八幡様(やわたのはちまんさま)」の名で親しまれています。

本殿
20160509pm250

八幡様はお稲荷様と並んで、日本で最も親しまれている神社ですが、そもそも八幡様とは何なのでしょうか。調べてみました。

【宇佐神宮が総本宮】
宇佐神宮、石清水八幡宮、鶴岡八幡宮が全国的に有名ですが、その中でも宇佐神宮が八幡様発祥の地だそうです。ここから全国各地に分霊されて、現在では2万5千社を超えるそうです。

【ご祭神は応神天皇】
ご祭神は諸説ありますが、応神天皇とするのが一般的だそうです。

【どんな信仰なのか】
八幡様は奈良時代末期に、菩薩信仰と結びついて「八幡大菩薩」の名で広く信仰されていました。
さらに、平安時代末期には阿弥陀如来とも結びついて「衆生済度の神」「極楽往生の神」として民衆の間に広まりました。
その一方、応神天皇の母、神功皇后は、応神天皇を出産した後すぐに新羅との戦いに勝利したという言い伝えがあり、奈良時代から八幡様を武の神とする信仰もありました。
やがて、八幡様が清和天皇の氏神として、京都の石清水八幡宮に勧請されると、清和源氏の子孫(源頼義、頼光、義家など)に敬われるようになりました。
鎌倉幕府をひらいた源頼朝は石清水八幡宮の分霊を鎌倉の鶴岡八幡宮に勧請したので、以来、武士の間で武の神として急速に広まりました。
現在は武の神の性格を引き継いで、勝利祈願、受験合格、出世開運などのご利益があるとされています。

【葛飾八幡宮のご祭神とご由緒】
葛飾八幡宮のご祭神は応神天皇、神功皇后、玉依姫命です。
創建は平安時代で、宇多天皇の勅願により、下総国の総鎮守として京都の石清水八幡宮から勧請したのが始まりだそうです。

【葛飾八幡宮のご利益】
厄除、安産祈願、方位除け、車祓い、身体健全、病気平癒、家内安全、合格祈願、旅行安全などを予約なしで祈祷してもらえるそうです。

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

ドラム缶の種類&発祥の地(江東区亀戸)

江東区亀戸1丁目、国道14号松代橋交差点の近く、日鐵NDタワー脇の公園にこの様なものが建っています。

P3180791248249

2001年宇宙の旅に出てくるモノリスのようなこれは、ドラム缶発祥の地の記念碑です。

「日本ドラム缶製作所」という会社が日本で初めてドラム缶の商業生産を始め、昭和7年から昭和48年まで、ここに工場があったそうです。(この会社は現在「日鉄住金ドラム株式会社」という社名で存続しています。)

ところで、ドラム缶に種類があるって知っていましたか?

標準のドラム缶として「普通缶」というものがあります。非腐食性の内容物の容器として使用されます。

「内装缶」は「普通缶」の内側に合成樹脂塗料を塗装焼き付けしたものです。耐薬品性が向上し、酸、アルカリ性の内容物の容器として使用されます。

「普通缶」や「内装缶」では不適当な内容物(酢酸、農薬など)の容器として用いられるのが「複合缶」。ドラム缶の中に耐薬品性のポリエチレン容器が納められています。

同じように農薬や酢酸などに使用されるもので「プラスチックドラム」というものもあって、高分子、高密度ポリエチレンで出来たドラム缶です。(缶というイメージではないですね。)

この他に亜鉛メッキ鋼板で出来た「亜鉛缶」やステンレス鋼板で出来た「ステンレス缶」など、用途によって使い分けられるようになっています。

ドラム缶は廃棄物の保管や運搬にも使われます。その場合も廃棄物の種類にあったドラム缶を選ぶことが大切です。

幣事務所には、公益財団法人・日本産業廃棄物処理振興センターによる講習を受けた行政書士が在籍しております。
産業廃棄物収集運搬業の許可申請をお考えの方はお気軽にご連絡ください。産業廃棄物収集運搬業の許可なら、たかはし行政書士事務所

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川市・本八幡駅前のゴールドジムにはサンドバッグとケトルベルがある!

ゴールドジムが、2月末JR本八幡駅前の商業ビル「パティオ」の8階にオープンします。
2月23日から3日間、内覧会&入会受け付中でしたので、見に行きました。

ボールペンを貰いました。三菱のジェットストリームにゴールドジムのロゴが付いています。
P2240768244246

以下、見て来たことなどを。

筋力トレーニングが中心のジムなので、トレッドミルなどの有酸素系マシンは数が少ない。(これは私個人の感想ではなく、案内してくれたジムの人が言っていました。)

プールや大きなお風呂はない。(その分筋トレマシンがたくさん置いてあるそうです。)
女性用のシャワールームを見たのですが、(筆者は女性です)シャワーブースがあるだけ。(多分7~8室くらい)
ボディソープやシャンプーなどのアメニティ―は完備されています。ドライヤーを置いてくれるのかどうかは聞き忘れました。

シャワールームにサウナがある。しかし、5~6人くらいしか入れない。
もっとも、ジムの人の説明では、ゴールドジムは一般的に女性客が少ないので、サウナが満室になることは少ないだろうということでした。(本八幡店はどうなるかわかりませんと前置きはしていましたが。)

ひとつの部位を鍛えるためのマシンが2~3種類ある。とにかくマシンの数が多いので、順番待ちが大変ということは少ないそうです。

フリーウエイトが充実。
セーフティーバー付のベンチプレス台もあるから一人でベンチプレスが出来る。

あと、奥の方にスミスマシンらしきものが3台ほど見えたのですが、私が女性だからか、ジムの人はそっちまで連れて行ってくれませんでした。
フリーウエイトエリアもスルーされそうだったので自分から「見せて」と言いました。

店舗の一角にアジリティーエリアがある
まだ工事中でしたが、ここにサンドバッグ2本とケトルベルを置く予定だそうです。
ケトルベルは4キロから40キロまでを揃える予定だそう。
この情報は本八幡店のチラシにもホームページにも出ていなかったので、実際に行ってみて良かったと思いました。

店内の説明をしてくれたお兄さんの二の腕が驚くほど逞しかった
説得力がありますね。

今なら入会登録料5,000円が無料だそうです。
さて、どうしよう。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

中山法華経寺の豆まき|2016年のゲストは誰?

【追記】2月3日
ゲストの名前がわかりました。
豆まきは本日2月3日、午後1時と3時の2回あります。

P2030742242243

追記おわり

昨年、このブログで市川市内の豆まきについて書いたところ、法華経寺の豆まきのゲストを知りたい方々から検索していただき、思いもよらないアクセス数になりました。

が、当初のブログにはゲストの具体的な名前は載せておらず(ブログを書いた時点では、発表されていませんでした)、豆まき当日の朝、あわててゲストの名前を確認し、追記という形でブログに載せることができました。

今年はきちんと書こうと思って、昨日中山に行ってみましたが、豆まきに関する看板が全く見当たりません。
なぜか、ひな祭りのお知らせの看板が立っていました。

このままでいるのもなんとなく落ち着かず、もう一度、2月3日の朝に法華経寺に行ってみるつもりです。

ゲストの名前がわかりましたら、今年も追記としてこのページにアップしたいと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

市川市内の庚申塚(庚申塔)に刻まれた三猿(見ざる言わざる聞かざる)

来年の干支は申。

弊事務所では大きな「申」の字をあしらった年賀状を作りました。

ところで「干支」って何なのかというと。

古代の中国では十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・羊・申・酉・戌・亥)の組み合わせで年や日や方角を表していて、これが日本に伝わったものだそうです。

因みに、本来の干支とは、十干十二支を順次に配して出来た60種類の組み合わせのことです。

(【例】 甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰というように進んでいく)

もとの組み合わせにかえるのが61年目でこれが還暦の意味だそうです。
来年、平成28年は「丙申」です!

干支は、平安時代の陰陽道でも使われました。
五行という自然の分類(木・火・土・金・水)や十干、十二支の組み合わせで吉凶を占うのです。
庚申の日が特にいけない日だったようで、夜通し眠らずに呪文を唱えていたそうです。
日の場合は61日毎に廻って来るから大変ですね。

この催しは江戸時代に庚申講へと姿を変えました。
この日に眠ると三虫という虫が体内から出て帝釈天にその人の悪事を告げ、告げられた人は寿命が縮まるというので、人々が集まって夜通し眠らないで宴会をする風習です。
庚申信仰ともいい、江戸時代から各地に庚申塚(庚申塔とも言う)も建てられました。

庚申塚には「申」に因んで三猿=「見ざる聞かざる言わざる」を刻んでいるものがあり、関東地方に多いそうです。

写真は国道14号沿い、市川1丁目と新田1丁目の境にある庚申塔です。光の加減が悪くてわかりにくいのですが、三猿が刻まれています。

PC280735231233

全景はこれ。
「青面金剛」と読めます。庚申信仰のご本尊とされいます。

PC280738237241

ところで、お隣の鎌ヶ谷市、粟野地区では、夜通しではないものの、現在でも庚申講が行われているとか。(鎌ヶ谷市のホームページより)

blog_banner_01

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

JR船橋駅前「船橋駅前総合窓口センター」と「ときわ書房」の話

「船橋駅前総合窓口センター」とは、JR船橋駅前、FACEビルの5階にある船橋市役所の出張所です。
「午後5時には終わらないミニ市役所です。」
というのがキャッチコピーです。

P9180705201204205206207210211

ここの受付時間と休業日に驚きました。
平日は午後8時まで。(業務によっては夜間受付けできないものもある。)
休業日が、第1・3・5土曜日とその翌日の日曜日だけ。(あと、年末年始は休み)
第2.4土曜日とその翌日の日曜、祝日はオープンしているのです。
先月のシルバーウイークもしっかり営業(?)していました。助かります。

取扱業務は、
戸籍、住民票、印鑑登録、異動届に関する業務
税金および原動機付自転車の登録・廃車・名義変更
母子保健に関する業務
介護保険に関する業務
国民年金に関する業務
殺虫剤・殺鼠剤の配布に関する業務
など一通りそろっています。(パスポートの申請や受け取りは行っていないそうです。)
本当にミニ市役所ですね。

お手洗いも大変キレイで授乳室もあります。

話はかわって。
FACEビルのすぐ隣に「ときわ書房」という書店があって、先日初めて中へ入ってみたのですが、品揃えが面白かった。
まず、大量の文庫本が目にとまって近づいてみると、ちょっと他所の書店にはないぐらいたくさんの歴史小説があり、ずっと見つからなかった伊東潤の「疾き雲のごとく」を買うことができました。
その他ややマニアックなサブカルチャー系の本や同人誌など。
船橋に行ったときにはまた立ち寄ってみようと思います。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。

千葉県松戸市の土木学会選奨土木遺産 柳原水閘(すいこう)

土木学会選奨土木遺産とは、公益社団法人である土木学会が、土木遺産の顕彰を通じて歴史的土木構造物の保存に資することを目的として、平成12年に設立した認定制度で、推薦および一般公募で年間20件程度を選出しています。

柳原水閘は(すいこう)4月4日付ブログで紹介した栗山配水塔の近所、坂川と江戸川の合流点にあります。

選奨年は平成16年。「明治期に作られた樋門で、4連アーチの大規模なレンガ造りは美しく、数少ない貴重な構造物」という理由だそうです。
平成7年に松戸市指定文化財にもなっています。

水閘(すいこう)とは水門のことです。
この水閘は江戸川の水が坂川に逆流するのを防ぐためのもので、1904年(明治37年)から1994年(平成6年)までこの近辺の治水を担ってきました。

水閘北側
P7280682190194

「横黒・黒鼻」と呼ばれる表面が黒っぽい色のレンガで造られています。
この黒いレンガは千葉県・茨城県のレンガ造り水門で多く使われているそうです。

水閘がレンガで造られていたのは、明治時代中頃から大正時代中頃までの約30年と短く、柳原水閘のような大規模なものは現存するものの中でもあまり例がないそうです。

設計者は茨城県出身の技師、井上二郎。わずか30歳の時の仕事です。他に、鬼怒川水力電気事業や京浜運河工事の設計も手掛けています。水利事業のエキスパートだったようですね。

水閘南側
P7280688192195

ご覧のように、水閘の上は橋になっています。
ここは何度も歩いていたのに、橋の下がこんな風になっていたなんて知りませんでした。
この場所が2004年に土木遺産に認定されてから約10年。
歴史的な建造物って、意外な場所にあるものなんですね。

P7280685191196

北側は親水公園になっています。

この記事を気に入っていただけましたら、シェアをお願いいたします。